続・山岳鉄道

  ここも大阪府か兵庫県かはっきりしない場所ですが、ギリギリ兵庫県で電車も数分走ると大阪府になります。県境の山坂道で急勾配と急曲線が連なる山岳鉄道の趣です。前から知っていたのですが、奈良から中途半端に遠い北摂へはなかなか足を運べていなかったのですが、天気予報の晴れマークに釣られてやってきました。撮影ポイントは能勢電鉄妙見線の笹部と光風台間の勾配区間で、笹部から歩くと坂道を20分と聞いていましたので、大人の撮り鉄に徹すべく駅前にタクシー乗り場のある畦野駅から安易に2メーターを乗車しました。撮影していると笹部駅から大きなリックを背負った若者が汗だくになって歩いての登ってきました。関東から遠征の鉄チャンで、18切符を利用し昨夜は天王寺近くの一泊1500円の安宿に泊まったそうです。私も若い頃はユースの素泊まりや、駅の待合室で一夜を明かした経験がありますが、学生時代の特権ですね。最近は宿泊代をもっと節約する人は関空へ行くとか…。18切符利用だと別に交通費もかからず、エアコンもきいていて快適だそうです。