松陰神社①

 IMG_0895s今、大河ドラマ「花燃ゆ」で話題沸騰(?)の吉田松陰を祭神とする松陰神社は誕生の地である山口県萩市と墓所のある東京都世田谷区にあります。萩市の松陰神社は2008年7月26日に歴史&旅行部の長州ツアーの時に参拝に行きましたが、ブログ開始以前で、 IMG_0899s写真も何もなく…かろうじて御朱印だけを頂いています。そして、東京の松陰神社は先日、近くに社用で行った時に立ち寄りました。世田谷のこの地は江戸時代に長州藩主の別邸があり、松陰が安政の大獄で亡くなった四年後の1863年(文久3年)、高杉晋作や伊藤博文等の門下生により小塚原の回向院の墓地から、ここに改葬されています。この藩邸の主は松陰と浅からぬ縁の“そうせい候”こと毛利敬親です。もっとも、敬親と改名したのは松陰の改葬の一年後の禁門の変の時ですが…。まあ、このあたりは大河ドラマでゆっくり見る事にしましょう。