Monthly Archives: 3月 2015

船橋ソースラーメン

 B級グルメの話題が続きますが、先日、IMG_2119千葉県船橋市をベースに提供されているご当地ラーメンの「船橋ソースラーメン」を神田駅西口の商店街のチェーン店で食べました。チェーン店なので、期限限定メニューらしかったのですが、派手な広告に釣られて注文しました。戦後、船橋駅前の中華食堂でソース焼きそばをヒントに登場した伝統あるラーメンの様ですが、関西ではまったく知らないラーメンです。でも物好きなお店の裏メニューでありそうな気もします。そして、次には「つゆ焼きそば」や「スープ入り焼きそば」なども食べてみたいと思います。

反省会

 IMG_0884 昨日、2月末からのIMG_0882中国渡航のメンバーを中心に「反省会」と称してお好み焼きを大阪の千日前に食べに行きました。中国の食事と違って出てくる具材が全部、はっきりしているので「ほっ」とします。特に先日、中国で幾度となく食事したメンバーなので、安心度もひとしおです。このお店は地元の人にも観光客にも知られている有名店ですが、お好み焼きなので気軽に来れます。メンバーもメニューも慌ただしく、IMG_4770バタバタして落ち着かない「反省会」でしたが、こうした忙しない雰囲気は格別で、大阪のど真ん中を感じる一時でした。

 また、本日は2009年(平成21年)に 阪神電鉄阪神なんば線の西九条駅 ~大阪難波駅間が開業した日です。同じく、近畿日本鉄道難波線&奈良線と相互乗り入れを開始しました。大和西大寺駅で阪神の車両を見ても、違和感なく馴染んできた感じです。

老ノ坂へ…(12)

  歳を重ねると、あらゆる包装、容器などの開封や開栓が難しくなりますね。下手すると、中味が飛び散ったり、指を擦り剥いたりします。只でさえ“がさつ”で“巡り合せの悪い”私ですから、シャツをタレで汚したり、取り出しにくい隙間に物を落としたりする事がしばしばあります。基本的に年齢と関係なく、モトからなのですが、これに加齢が拍車をかけます。ですから、スマホなどは何回も本人の意思に関係なく、落下確認テストをして…『やはり、地球には重力があるんだ…。』なんて呟きながら頑丈な携帯ケースに感謝しています。IMG_0858n先日、そのケースにからひびが入っていました。私が『あ~っ…割れてるやん!』と叫んでいると、とある若者が『…だから携帯ケースの保護という機能の意味があるのです…。』と言っていました。その通りです。ただ、今のスマホは保護ケースをしない方がカッコいいですね。ケースをすると、大きくなってちょっと重くなりますし…。

  老人はあまり、冒険をしませんので、極力…予防、保護につとめます。リカバリーが難しいからです。風邪の治癒が顕著です。最近は治ったのがはっきりしません。ですから、智恵と経験を活かす事が求められます。

634メートル

  IMG_2107本日は2011年に東京スカイツリーが634㍍に到達した日だそうです。写真は東京で出張時に宿泊するホテルからの写真です。634㍍というと新潟県の弥彦山の標高です。この弥彦山をご神体とする越後国一宮の弥彦神社は出雲大社、宇佐神宮とともに「二拝四拍手一拝」の神社で、一般的な「二拝二拍手一拝」とは異なる参拝方法です。関西からの夜行急行「きたぐに」が廃止されてから遠くなった新潟県ですが、弥彦神社の門前町の弥彦温泉もありますし、弥彦山から佐渡島に沈む夕日は格別との事で、一度…訪問してみたいと思っています。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  また、本日は過去のブログでも紹介していますが、1988年(昭和63年)に近鉄の名阪特急アーバンライナーである21000系電車がデビューした日です。関西から名古屋へは新幹線の時間か?近鉄の値段か?という勝負ですが、私の場合(何度も書いていますが…)最寄駅が大和郡山なので、チケットショップで購入できる株主優待券を使って100%近鉄です。左の写真はちょっと少なくなった気がする8両編成の21000系です。ここ、室生口大野~三本松間は有名な撮影地で、私もしばしば訪問します。

漫画週刊誌の日~マガジン~

 1959年(昭和34)のこの日、日本初の少年向けの漫画週刊誌「少年サンデー」と「少年マガジン」が発刊されています。その当時は読み物が中心だったそうで、恋人岬漫画はあまり掲載されていなかった様です。最近はどちらとも立ち読みもしていませんが、少年マガジンでの過去の作品としては白土三平の「ワタリ」はもちろんですが、梶原一騎原作の四大代表作「あしたのジョー」、「巨人の星」、「タイガーマスク」、「愛と誠」がマガジン連載というのも面白いです。愛と誠表紙

 「愛と誠」以来、冷たくしてても心の中では愛を貫く人がいる事を知った人もいるでしょう。ラストに近い砂浜で主人公の太賀誠がもう一人の主人公である早乙女愛に『…ずっと悪役を演じ続けてきた悲しい三文ピエロの自分だから、彼女の気持ちが手に取るようにわかる…。』と告白します。最後の最後になっての初めて彼女への愛を表明します。2011年12月16日のブログでも「愛と誠」については書いていますが、この告白がラストではありません。告白の後、話は少し続きます。少年漫画ですが、恋愛マンガというか…愛をテーマにした切ない作品です。漫画の後半にグアムの恋人岬のエピソードが登場しますが、日本の伊豆市にも同じ名前の岬があります。グアムはともかく、伊豆市にある岬は伊豆箱根鉄道や伊豆急行の乗車、修善寺の参拝とともに行ってみたい観光地ですね。

series☆あかつきの生産管理⑯~手繰った先の手腕~

 生産管理はエラーが許されない部署でありながら、同時に守備範囲を自分では決めてはいけないと思っています。そして、イレギュラーは出来ない理由とは認めてもらえません。この姿勢が「状況の掌握」と「生産の混乱」の紙一重を分けています。特に外注生産が容易にできない特殊な加工程、調整が難しくなります。情報の収集は通り一遍では叶いません。手を変え品を変え、一級の“疑似餌”を用意しないとゲットできないものです。そして、喉に釣り針が刺さっては暴れ、もがいてしまいます。ここが生産管理の妙であり、技であり、業なのです。千代田区の梅

 本日のプランは前日までに考え、当時はアクションのみです。イレギュラーには本能と感性で対処します。考えている暇はありません。時には粘り強く、またある時はサッパリと諦めて、次の手を打つ…。交渉で解決する時は、全身全霊を傾けて、平成の“薩長同盟”か“江戸城無血開城”くらいに想って、事に当たります。生産管理の真髄は、オーバーアクションでも、ムッツリでも最終的にはペースの主導権はこちらが必ず握って置く事です。手繰っていった先に握っている手は力強い生産管理の手腕に他なりません。写真はJR神田駅から東京支店の途中にある公園の梅です。こんな大都会の真ん中の公園にも春はやってくるのです。

series◆親・日中友好⑫~展示会ランチ~

IMG_0793

 写真の中国式ラーメンは中国の展示会会場で食べた中国式ラーメンです。40元なので、日本円では約800円、会場である事を考慮しても、安くない値段です。ほんの2年前まで、1元は約12〜13円程度でしたが、2013年半ばから大幅に進んだ円安によって、現在は20円前後まで上昇しています。さて、ラーメンのお味は、正直…「思った以上に美味しかった…。」という感想でした。ただ、ラーメンの中に目玉焼きが入ってるのには驚きました。

3.14ダイヤ改正③

 本日開業の北陸新幹線で首都圏と金沢が最短で2時間28分となります。東京~新大阪間より早くなったかと思うと、JR東海も負けていません。最新のN700Aの時速285㌔で、最速タイムが2時間22分と、決して北陸新幹線に「東京、大阪間より早くなりました…。」EPSON MFP imageと言わせない意地を感じます。大河ドラマ『花燃ゆ』の幕末は飛脚の最短で3日、明治30年代の神戸~新橋間で13時間40分、東京新幹線開業直前で6時間50分でしたから、この半世紀の技術の進歩で新幹線は驚くべき進化を遂げてきたと言えます。

 来春に北海道新幹線の新青森~新函館北斗間が開業すると南は鹿児島から、北は北海道まで新幹線でつながります。と…なると、青森~札幌駅間の480㌔を所要約7時間半で運行されている急行「はまなす」は廃止になるでしょうね。ヒートアップする前に乗車したい寝台列車です。

3.14ダイヤ改正②

 e7明日開業の北陸新幹線の富山、金沢の延伸開業に合わせて、昨年3月からE7系は東京~長野間「あさま」に先行導入され、営業運転を開始しています。先月、東京~高崎まで乗車した新幹線は写真のE7系でした。関西から北陸新幹線を乗車するタイミングはそうそうないので、わずかな区間でもこのE7系に乗車できたのはラッキーでした。高崎~上越妙高間がJR東日本で所有車がE7系、妙高高原~金沢のJR西日本で所有車がW7系ですが、両車が同一仕様であることが公表されています。で、明日からは長野新幹線という呼称は消え、北陸新幹線に統一されます。新しい時刻表からも長野新幹線の文字は消えていました。呼称変更には賛否両論あって、紆余曲折した様ですが、長野まで長野新幹線、長野以北が北陸新幹線でも良かったと…私は思います。東海道+山陽新幹線で長年実績もあるのですから…。

3.14ダイヤ改正①

 IMG_4822明後日から、JRグループのダイヤ改正です。目玉は何と言っても「北陸新幹線開業」でしょう。関東方面から北陸地方の富山、金沢あたりがグッと近くなります。昔、夜行列車が走っていた区間に新幹線が開通すると、三分の一の時間で走るのですから、便利になります。逆にダイヤ改正で無くなる北斗星、トワイライトエスプレスのさよなら乗車を楽しむラッキーな乗り鉄の方もきっと車中では徹夜ではないでしょうか?今年に入って、何回か雪で遅れに遅れたトワイライトエクスプレスですが、むしろ“乗り得”って感想もあったくらいですから、時代は変わりましたね。