Daily Archives: 2014年10月21日

沁・仏陀の教え⑱~善行~

 小学校では道徳の授業ってカリキュラムがありました。その時間に先生に『感謝が出来ないヤツは人間のクズだ!』だと聞かされました。理由は『感謝が出来ない人間は他人が困っている事がわからない…。つまり、自分が困らなければ、それで良いので、他人に対し、喜ばれる善い行いが出来ない…。』『称賛を容易く求めてはいけない。他人に感謝され、自分も感謝でき、そのエネルギーが善行に繋がる優しい人間になれる様に…。』と力説されていました。善行と感謝は正しい連鎖で繋がっています。自分自身が八方ふさがりで、困っている時に、陽の光が射す様に事態が好転する時があります。これは、単にラッキーだけではない…正に幸運の女神に巡り会えた瞬間を感じます。真面目に、真摯に何事にも取り組む姿勢は自分の心と見えないチカラに伝わるものです。IMG_0107

 今の世の中、人生を誤魔化さず、日々の暮らしに嘘を吐かず、他人を欺かず、真正直に歩んで行く事は難しいのかも知れません。『善行をしたって一文の得にもならない…。だいたい、下手なお節介や形だけの親切が人間関係を悪くする。』なんて言われたりする事もあるのですから、善行について考えてみるなんて、特別な事なんでしょう。ただ、誰かの善行に助けられ、今の自分があるのです。仮に他人を排除し、押しのけ、一人だけの四番バッターを気取って、一見、揺るぎない地位を得た人であっても、誰かの助けや支援があったからこそ、今の自分があるので、単に実力100パーセントだけではありません。眼を閉じて、心の中でそっと手を合わせて今までの人生を顧みると、自分が感謝すべき対象が見つかると信じて、今日の善行は+オーラとして明日に伝わる事を忘れないで下さい。