Daily Archives: 2013年5月10日

不滅の法燈③

 十冊目今回の東北ツアーは山形中心でしたので、本来は羽黒山へ行って平将門の創建と伝えられている国宝の五重塔を見る事も考えましたが、ここはここで2446段の階段が待ち構えていました。二日で3461段はどう考えてもハードなので、出羽三山神社の参拝をメインに後日の楽しみとしました。(4日にホテルで見た映画「必死剣 鳥刺し」で羽黒山五重塔でのロケがあたのも何かの縁ですね。)で、山形からは少し遠いのですがEPSON MFP image岩手県の世界遺産、中尊寺に参拝しました。実は昨年に奈良の興福寺、中金堂で御朱印を頂いた時に前に並んでいた方が持っていた見開きの御朱印が中尊寺の金色堂とわかった瞬間にプランに入れていました。

 写真は国宝の中尊寺金色堂堂内具の金銅華髪をデザイン箔押しが施されている御朱印帖の表紙で、御朱印は二頁を使った見開きの「金色堂」です。中尊寺については奥州藤原三代ゆかりの寺でその歴史と栄華を今に伝える世界遺産登録の古刹です。今さら、私の拙文で書くことはありませんが、ここにも1958年(昭和33年) に天台宗東北大本山の称号となった時に総本山の延暦寺より分灯された「不滅の法燈」があります。IMG_3050

 右の写真は境内にある重要文化財の白山神社能舞台です。中尊寺の鎮守である白山神社内に1853年(嘉永6年) に仙台藩によって再建されています。近世の能舞台遺構としては東日本唯一のもので、日本の芸能史上貴重な遺構となっています。

 中尊寺に参拝した3日の朝は前日に乗った夜行バス“フォレスト号”が名神や東北道の渋滞で約1時間半遅れで仙台に到着し、予定の新幹線にも乗れず、慌ただしい行程となりました。12時間以上のバス乗車(トイレ休憩は滋賀の多賀SAのみ⇒車内にトイレはありますが…)と睡眠不足の後にはきつい山坂道の参拝となりました。