私の断捨離③

   来年用の年用年賀葉書は一部予約販売はスタートしているものの、基本的には来月1日木曜日から発売されます。2019年用年賀葉書の当初発行枚数は24 億21.2万枚で昨年対比の約92.8%となっています。ピーク時は2003年(平成15年)の44億5936万枚ですから半減に近づいています。年賀状の廃止を断捨離のひとつと考えている方もいてますが、ネットで検索していると届いた年賀状だけの処分だけでなく、年賀状を書くこと自体を辞めて、それを断捨離としている方も増えているそうです。私も今年、初めて年賀状を書かない選択肢について考えてみました。たぶん、来年の年賀状については辞めないと思いますが…おそらく…。何年も年賀状のやり取りだけの友人もいて、機会をわざわざ作くらないと、たぶん一生…会わない人も少なくないでしょう。そんな中で…先日、5年ぶりで高校卒業後40年の同窓会が京都であり、出席して来ました。私の関係が深い鉄道や将棋のサークル関係の人は毎回来ないので、淋し限りですが、同人誌のツワモノが出席していました。約25年ぶりの再会でした。