内神田のちゃんぽん

 東京支店の移設に伴い、通る道が違ってくると、風景もランチのお店も一変します。神田駅の西口から出世不動通りを進むと長崎料理屋さんがあり、昼間は込み合っております。先日、ここで長崎を代表する料理の一つのちゃんぽんを食べました。出汁は薄味で昔ながらのちゃんぽん麺…という感じです。ところで、新しい東京支店も内神田ですが、この表記について少し書いておきます。この「内神田」という地名は広い意味ではには江戸府内・総構え内…つまり、外堀にあたる神田川以南を含んだの神田全域の事で、現在の神田川や日本橋川、竜閑川跡に囲まれた逆三角の区域を指しています。それに対して江戸府内の外れではりますが、神田明神が移転された後に門前町として繁栄した場所は「外神田」と言われています。