月の沙漠

 1959年から1976年までの間に、ルナ1号からルナ2号までを月に送ったソビエト連邦の無人月探査計画はルナ計画として知られていますが、その中で史上初めて月の表面に到達したルナ2号は1959年(昭和34年)の本日、打ち上げられています。翌々日の14日に月面まで到達しています。同年1月2日にルナ2号に先んじて打ち上げられたルナ1号は月着陸は叶わなかったものの、1月4日に月近傍約6,000㌔を通過し、人類初の人口惑星となりました。最近、私のブログも終わりに来ているのでシリーズものがなく、ネタに困っています。頼りは「今日は何の日」なのですが、先日撮影した月の写真もあって、本日のルナ2号打ち上げのブログとなりました。最初、タイトルは適当に「月の砂漠」としたのですが、有名な童謡は「月の砂漠」ではなく、「月の沙漠」なんですね。「沙」には「すなはま」の意味があって、作者は千葉県の御宿(おんじゅく)海岸をイメージしているそうです。それが、どうした…と言われそうですが、こうしたプチ発見は楽しいですね。