老ノ坂へ(50)

 春の健康診断で視力低下があって眼科の診察を求める結果があり、先日行ってきました。遠近両用なども考えましたが、年相応の老眼鏡を作ることになりました。乱視が入っているので時間がかかるらしく、できるのに一週間程待つことになりました。カメラが好きな人は実際に使っているカメラ持参で眼鏡をつくると良いらしいのですが、ちょっと心配です。老眼は正式には老視と言い、加齢から水晶体の弾性が無くなり、調節力が弱まって、近くのものにピントが合わなくなったり、遅くなったりすることです。40代から60代に自覚するんですが、実際には20歳前後から調節力の減少は始まっているそうです。まぁ、しかたない事ですし、抗ってもどうなる事でもありません。老いは静かに受け入れつつ、上手く…そして、長く付き合っていくことが肝心です。