続々・不思議な奈良線

 先日、城陽市の有名なつけ麺屋さんに行った帰りに、ちょっと奈良線に寄りました。写真は玉水~棚倉間の撮影でまだこの時点では梅雨明けしていなかったと思いますが、当日の曇りの天気予報も何のその…気持ち良く晴れました。今年の春のダイヤ改正で吹田総合車両所奈良支所所属の205系が奈良線での営業運転を開始しています。もともと日根野支所所属で阪和線で活躍していた車両ですが、所帯ごと引越ししてきた感じです。よって103系最後の砦と言われる奈良線も風前の灯なんでしょうね。城陽から南は電車の本数も少なくなってローカルムードが漂い、非電化区間でよかったと個人的には思っています。