牛久大仏①

 今週の日曜日は東京に滞在していましたので、JRの「休日おでかけパス」を買って、茨城方面に行きました。関東で行きたいところのベスト10(内/千葉の鋸山、小湊鉄道、銚子電鉄、山万ユーカリが丘線、勝田台の都電カフェ、祐天寺のナイアガラカレーショップは済)の内の一つがこの牛久大仏で、今回実現しました。牛久大仏は台座から頭の上まで120㍍と青銅製立像では世界一としてギネスブックにも登録されています。正式名は牛久阿弥陀大佛と言い、寺院名はないのですが本尊の阿弥陀如来で3回階が本堂となっていて、入口には東本願寺とあります。大仏の胎内は地上85㍍まではエレベーターで上がる事がで四方の見晴らしも抜群です。6年の歳月を経て建設会社が高層ビルの建設でよく用いられるカーテンウォール工法で建築しています。この周辺は霊園としても整備されていますが、アクセスは自家用車が便利です。今回はJR常磐線牛久駅からバスをル要しましたが、一時間に1本なので事前に調べて、帰りのバスの時間も決めて参拝すると良いと思います。