あんかけスパゲッティー

 先日、名古屋で初めて「あんかけスパゲティ―」なるものを食べました。いわゆる”名古屋めし”の一つで他の地域ではほとんどみかけないメニューです。このお店は大手のカレーチェーン店が経営していますが、やはり東海圏が中心のお店です。もともとこの「あんかけスパゲティ―」の歴史は古く、1960年代に名古屋でデビューしています。茹でたスパゲティにソースをからめるイタリア式とは違って、あらかじめ茹でた太目のスパゲッティを、焼きそばのように油で炒め、中華料理の餡のような粘りとコク、そして辛味の効いたソースをかけたものです。写真の台湾あんかけスパはピリ辛味で鉄板に玉子を敷いてあります。