韓国時代劇通信⑨

 現在、「仮面の王 イ・ソン」以外に月曜から金曜まで早朝6時から放映している「朝鮮ガンマン」を録画して見ています。時代は朝鮮王朝時代の末期で、李氏朝鮮最後の王、高宗が支持する開化派の学者と旧守派たち対立の中、謎の銃に王命を受けた武官が捜査に乗り出すも、陰謀と謀略で大罪人として命を落とします。その息子が一人二役で、冷酷さを装う日本人商人と、復讐という悲しみを背負うガンマンを演じています。このドラマは甲申政変(こうしんせいへん)あたりで終わるようですが、独立党(急進開化派)によるクーデターは失敗します。遠からず、日清戦争へと向かう時代の流れは止められなかったのでしょうね。話の中ではクーデターの首謀者の金玉均(キム・オッキュン)も出てきます。調べてみると歴史の勉強にもなります。さて、私は昨日45回目の中国渡航から無事に帰っておりますが、13日(日)から46回目の渡航となります。このままでは今年中に50回の大台に乗ってしまいそうです。