老ノ坂へ(48)

 歳を重ねていく中で、良い方向に変わる事ができないばかりか、悪い方向に傾いていくのは何としても、避けなくてはならないのですが、自覚を無視してしまうと感覚が麻痺してしまいます。70才まで働く時代だと言われていますが、身体の健康はともかく、精神が健康、健全でないと、周囲の皆さまに迷惑をかける事になります。日本には老当益壮や老成持重、安車蒲輪などの老人を敬い、労わる故事がありますが、漢字検定の勉強で知る以外は遭遇する事もありません。それだけ、そうした言葉を使うことも少なくなってのでしょうか…。逆に「老い木はまがらぬ」や「年寄りの冷や水」など良くない言葉が目立ちます。老害の特徴として①頑固/理不尽②過去の美化③くどい④短気…などでしょうか?私も気を付けないといけません。