幻の大仏鉄道

 1898年(明治31年)の本日、 関西鉄道の加茂 ~大仏駅間が開通しています。大仏駅は関西鉄道が奈良駅への乗り入れ時に開設され、東大寺の大仏にちなんだ駅名です。奈良駅と区別し、観光アピールが狙いだった様で、東大寺の西方1.8㌔にありました。現在のJRの加茂駅~木津駅~平城山駅~JR奈良駅よりも東側を通り、勾配のきつい坂やトンネル、橋梁が多く、当時の機関車での運行が困難であったこともあって、開通から9年間で廃線となっています。奈良市法蓮町にある大佛鐡道記念公園には機関車の動輪モニュメントと説明碑があって、当時を偲ぶことができます。