そして、疎遠になる…。

 私の世代、もうほぼ、暑中見舞いや残暑見舞いはなくなりました。そして、何年も年賀状だけの付き合いの人も少なくありません。その中には学生時代にたまたま、線路際の隣で三脚を立てていた鉄道ファンの方もいます。先日、新聞の記事で書店ゼロの自治体が北海道(58)、長野(41)、福島(28)、沖縄(20)の順で、私の住む奈良県はその次はの第5位(19)と有難くないランキングに入っています。そう言えば、私の生活圏でここ十年の間に時たま覗く書店は5〜6軒は無くなっています。ショッピングモールや大型スーパーに行かないと実際に目で見て、手に取って買えない時代になりました。書籍や新聞、手紙にしても紙の活字媒体が消えて行きます。かく云う私もブログの下書きはスマホでしています。夏休みに荷物の整理をしていると私の手紙の書き潰しが出て来ましたが、本当に自分で書いたのか?と思うくらい丁寧です。 活字離れは時代の流れかも知れませんが、次に「…そして、疎遠になる」状況の覚悟は必要でしょう…。