韓国時代劇通信⑭

 あれほど見ていた韓国時代劇ですが、相棒&科捜研のミステリーの秋の定番に加え、リーガルVや刑事コロンボ20選などで今は新しい番組は見ていません。⑬で見る筈だった「秘密の扉」は一話で断念しました。結局、現在見ているのは日曜日の夜の「オクニョ」の再放送だけですが、日中に六龍が飛ぶをまた放映しているのでチラチラと録画して見ています。全65話に及ぶ長編ドラマで、その波乱に飛ぶストーリーはテンポも良く、李氏朝鮮の激動の幕開けがよく分かる作品です。そして、本日は1934年に李氏朝鮮の初代国王、李成桂(イソンゲ)が開城から現在のソウルに遷都した日です。イソンゲはこの6龍の6人には入っていませんが、一人の将軍から苦悩の末、初代国王になり、身内同士の権力争いを停められずに精神的にもショックを受けてしまいます。