マネージャーの資質⑮

 日々、問題は起きますし、会社という組織で様々な人が集まって仕事をしている以上、避けて通れません。その問題が誰かの所作、発言、態度による場合もあります。その違和感の飽和状態を見逃さないのが本当のマネージャーだと私は思います。タイムリーかつ人前で注意するのは勇気が要ります。相手が想像以上に傷ついたり、気まずい雰囲気になる事もあります。それでも、敢えて言っておかないと…と勇気を奮うのがマネージャーです。後で本人にこそっと注意してもその時の違和感は周囲に浸透したままとなります。また、本人以外の人間に違和感を伝え、注意を促しても、真剣や新鮮である状況が伝わらないと思います。注意を受ける人間も、注意をする人間も組織の一員で仲間です。直接、指導するべき人間や気が付いた上司が率直に言って、伝わらない筈はありませんし、必要以上に時間と手間をかけるのはお互いに不幸になるのではないか…と感じてしまいます。