Monthly Archives: 5月 2018

最近…想う事…【40】

 写真(左が車内/右が車外)の様な車両のドア開閉ボタンを使って、停車の度に必ず開閉せず、車内の温度を夏は保冷、冬場は保温することに異論はないのですが、ワンマンカーでなく車掌がいるのに終着駅でも開閉は乗客任せ…という姿勢はいささか疑問を感じます。特に折り返し運転で乗客もホームにたくさんいるのに、車掌が開閉しないのか?わかりません。どうでも良い話ですが、前々から気になっています。まぁ私が気にするくらいですから、当然もっと前に気にした人がいたらしく、いろいろ調べていくと、「到着場面でドアを自動で開くと、ドアを手動扱いにするために再度、ドアを閉めなければならない車両構造となっていること」が原因の様です。多くの乗客が利用している終点の駅では、再度ドアを閉めることが容易でないことからドアを手動扱いしているのですね。

 さて、今期も本日で終了です。私は明日から上京し、週末の年度目標設定会議を挟み6月5日まで東京におります。このブログもリニューアルにもう少し時間がかかるという事で、毎日ペースのアップはもうしばらく継続しますので、お付き合い下さい。

韓国時代劇通信⑩

 NHKの「仮面の王 イ・ソン」は悪の闇組織である辺首(ピョンス)会が暗躍し、その首領が写真のテモクです。こうした政治に影響を及ぼす地下組織は「六龍が飛ぶ」の無名(ムミョン)や朝鮮ガンマンの秘密結社のスゲホ、イニョプの道も高麗(コリョ)再興組織など、必ず存在しています。ですから、今もそうしたものがありそうな気がしますね。こうしてみると私も結構、韓国時代劇にハマっています。さて、来月は社員旅行で釜山に行ってきます。今までの仕事での訪韓は忘れて、観光を楽しみたいと思います。慶州は、新羅時代の都として1000年栄えた場所だそうで、世界遺産の石窟庵と仏国寺は見学が楽しみです。新羅の韓国ドラマは「善徳女王」と統一新羅時代の「海神」ぐらいと割と少ないのですが、再放送の機会があれば見てみたいと思います。

改善着眼プログラム最終報告会

 先週の土曜日の午後から奈良工場で1年間、取組み活動してきた「5Sの改善着眼プログラム最終報告会」が全社テレビ会議で開催されました。各グル―プのリーダーが一年間の成果をパワーポイントを使って15分にまとめ発表しました。1年間の活動で職場間のコミュニケーションの活性化につながり、他部署の仕事についても周知と理解が出来たことと、奈良工場に来訪して頂くお客様の直接評価があった事はたいへん喜ばしい事と思います。引き続き、来期も継続して、更なる改善ステージを目指すのですが、文化にし、全社員で共有できる改善プログラムにして頂きたいものです。

 5S活動は目的ではなく、手段です。真の目的とは「ルールを決めて、ルールを守る風土を作ること」に他なりません。安全かつ快適で効率の良い職場は生産性の向上、ものづくりからひとづくり、そして利益の確保につながります。ただ、一足飛びでなく、地道な努力が物を言います。

震・仏陀の教え⑱~五戒(ごかい)~

 明日は第46回まほろば塾の奈良塾で奈良市の薬師寺、玄奘三蔵院伽藍を会場にして開催されます。ゲスト講師に歴史学者の磯田道史氏や大阪芸術大学教授で漫画家の里中満智子さんらを迎え、当初の法話は薬師寺まほろば塾塾長で先日まで薬師寺管主だった村上太胤さんの予定でしたが、例の騒動で加藤朝胤師に変更になっています。平日の昼からでしたので、申込みはしていませんが、すぐに満席になった様です。 さて、ニュースもその後の様々な話題ですぐに消えてしまった感じですが、事件発覚後の「不邪淫(ふじゃいん)戒」について本人がインタビューを受けていましたね。「不邪淫戒」は五戒の中の一つで緩やかな意味では、男女の交わりに節度を持てということになります。厳しい意味では夫婦以外の者と肉体関係を持つことがNGなのですが、時代とともに守れるものとして、緩和されたのでしょう。後の四つは不殺生(ふせっしょう)戒、不偸盗(ふちゅうとう)戒、不妄語(ふもうご)戒、不飲酒(ふおんじゅ)戒です。「五戒」は、地獄に堕ちないためのガイドラインで、1つでも破ると、死後は地獄行きとお釈迦さまは説かれています。「不邪淫戒」は心の中も重要視されるので、自分の配偶者を嫌いになり、他人を好きになってもダメらしいですが、現実的には守れる人は僅かって気がします。問題があった方はお寺では最高位のお坊さんだったそうですが、組織で他人が意見しない権力者は誤解(ごかい)し易いものですね。

TOKYO★LULLABY[31]

 私はJR神田駅から美土代町の東京支店へは西口から商店街を通って行く事が多いのですが、西口商店街に写真のラーメン店があります。いつも店の外に行列が続いていますが、先日時間が少し早いのか?11席のカウンターに空席があり、思わず入りました。キャリーバッグを持っていたので他のお客様が邪魔にならない入口のわずかなスペースに荷物が置ける様にと出口に一番近い席に案内されました。オーダーしたのは一番人気の「のり玉ラーメン」でいわゆる濃厚スープの家系?の様です。麺は縮れ麺でほうれん草も入っています。こういうラーメンが東京では人気なんだと思いながらも、ラーメンを食べる機会が減ってきている事をあらためて認識した次第です。

富雄第1号踏切

 近鉄奈良線の学園前駅のすぐ西にある「富雄第1号踏切」は大阪難波方面から大和西大寺へ向かう列車の有名撮影地です。午前中が光線状態が良く、新緑の生駒山をバックに坂道を駆け上がる電車をバッチリ撮影できます。この「富雄第1号踏切」は学園前の北口から線路沿いに歩いて来て踏切を渡るとこの近くにあるスーパーに近道なのでしょうか?南口のアップダウンもなく、また…自転車やバイクは自動車の通らないルートなので便利な踏切です。さて、この伊勢志摩ライナーの愛称を持つこの特急はこうした賢島方面と関係のない間合い運用で奈良線にも顔を出します。次は新緑のきれいなうちに赤色編成を撮影したいものです。

新幹線の乗客数が10億人を突破した日

 本日は今から42年前の1976年に新幹線の乗客数が10億人を突破した日です。 新幹線の開業は1964年10月1日ですから10億人まで15年かかっています。現在はどうかと言うと、ちょっと調べても、はっきりしませんでしたね。新幹線もJR四国以外はJR各社に全部あるので、ちょっとデリケートな数字なのでしょう。山陽新幹線の開通あたりに夜行の新幹線の計画もあったそうですが、騒音問題で実現しなかった様ですね。まぁ、夜行となると保守、整備だけでなく、窓口業務の延長や施設としての駅の機能の拡充がコストアップになるのでしょうね。個人的には各駅のこだまタイプで東京と新大阪を走って欲しい気がしますが…。

最近…想う事…【39】

 それにしても、心の奥底に何かしらの悪意がある…と思われる不祥事が多い気がします。でも、私たちの目に留まるのは氷山の一角で、それが継続的に接触の無い組織の中にあってはなおさら闇の中です。教育機関は3年から4年で学生や生徒が入れ替わりるので、良い意味だけではない「リセット感覚」があるのでしょう…。子供の教育費は義務教育から国公立の大学で800万円くらい、これがオール私立だと3倍になるとか…。これ以外に税金もかかっていますし、塾や習い事も含むとたいへんな金額になってしまいます。算出方法が様々でしょうから一概にあれこれ言えませんが、多大なお金が注ぎ込まれているので、従事する人の資質は評価や監査が必要なのでは?と思います。弊社の現場にもあらゆるチェックリストがあり、その有効性がしばしば問われたりします。時には厳しい評価も頂きます。どんな場合でもコストはかける意味があるか?無いか?を問われるものです。

衣摺加美北駅

 東大阪市衣摺に今年の3月17日に開業した衣摺加美北(きずりかみきた)駅に先日、行ってきました。おおさか東線の計画当初より、JR長瀬駅~新加美駅間が2.7㌔と比較的長いので、東大阪市が大阪市との市境あたりに新駅設置が要望されていました。来春の新大阪~放出間の開業に向けての線路切換工事に伴い、先週も学研都市線の京橋~放出駅間の運転を見合せが行われていました。こうした、工事のニュースを知る度にいよいよ開業もカウントダウンとなってきた感じです。さて、この衣摺加美北駅は上り下りのホームが同じの島駅でなく、上下ホームが別々の対岸駅です。対岸ホームの方がこうした写真は撮影し易いですね。この貨物列車をけん引しているのはEF210形電気機関車で平成生まれのJR貨物の直流電気機関車です。100両を超す大所帯で、JRの機関車で初めて「ECO―POWER桃太郎」なる愛称が採用されています。「岡山機関区に所属する省電力大出力機」であることが愛称の由来です。

ドクターイエロー③

 5月19日は会社の創立記念日で、ドクターイエローが走りました。ドクターイエローは見ると幸せになれるという都市伝説になるほど有名かつ人気の高い黄色い新幹線です。ネットの前情報で走る事は知っていましたが、公式情報ではないので半信半疑でした。ホームにも撮り鉄の姿もなく、ちょっと不安でしたが、定刻にやってきました。次は新幹線の本格的な撮影地での撮影を考えていますが、基本的には未確認情報ですから、天気とも相談し、ボウズの覚悟も必要です。それにしても京都駅は乗客、利用客で溢れかえっていますね。新幹線だけでなく、在来線のホームも人、人…です。駅構内外も多くのお店があり、新幹線の改札内でも京都ブランドや市内の老舗のお土産物が買えます。