Daily Archives: 2018年2月9日

老ノ坂へ(44)

 毎年誕生月に届く、日本年金機構の大切なお知らせのハガキを昨年のものと比較してみると、老齢年金の1年間の受取見込額がわずかに減少している事に気が付きました。この年金定期便の送付が始まったのは、2009年(平成21年)4月からの事らしいです。これは、旧社会保険庁によって不適切に管理された年金記録のうち、加入者が保険料を納付したにもかかわらず、社会保険庁に納付の記録がない年金記録の問題を「消えた年金」と呼ばれたあの事件が起因しています。…が、最終的に誰の責任だったのか?顛末もはっきりしないまま、こうしたハガキの送付で終わっているのが残念です。超高齢化社会に拍車がかかる今の時代で、2030年には4人 に1人が65歳以上の高齢者の世の中になると予測されています。65歳になってからの年金の受給も気になりますが、心身ともに健康でいられるかどうかも…大切です。