Daily Archives: 2016年11月9日

狭隘バス路線②

 dscf5205s この手の各種サイトや雑誌でも紹介されている奈良交通の西大寺~押熊の押熊線は、マニアでは有名な狭隘(きょうあい)dscf5210sバス路線です。近鉄の大和西大寺駅を出発すると奈良の競輪場をかすめ、いきなり細く狭い道になります。人気の伎芸天と鎌倉時代建立の国宝の本堂で有名な秋篠寺のクランクゾーンでは最初の誘導員の方もいらっしゃいました。ポイントでの誘導員とバス無線を駆使しながらの狭い道路を運行していますので、ヒヤヒヤの連続ですが、流石…運転手さんは馴れたハンドリングでスイスイバスを走らせ、約20分で終点となります。終点の押熊停留所は回転所で、複数の切り返しをして、やっと降車となりました。この路線は住宅地を走るので、日中でも一時間に3本は走っていてそれなりに住民の足として活躍しています。