Daily Archives: 2016年11月7日

伸・仏陀の教え⑪~縁を考える(3)~

 『もう、あの人(会社)とはやっていけません!』と仕事で係わる人間やその会社、組織とは「金輪際」、関係を持ちたくない…と言われる事がときたまあります。元々仏教用語で、“金輪”は三輪と呼ばれるもののひとつで大地の世界を意味しています。thumbnail_img_9792その下 に“水輪”、“風輪”と続いて、その先に虚空があるとか…。「金輪際」は金輪と水輪の接する部分で 、金輪の最も奥底にある場所を指したことから底の底までやとことんまで…物事の極限と言った意味として用いられるようになりました。一般的には二度と…や絶対に…などの後に打消しの語と共に使われています。

 ですから、金輪際関係を持たないと言うと少し大げさですが、縁を切る事なのですからそれなりの覚悟と決意がいります。個人的に年賀状を出さなくなったのとは違って、組織の中の話ですから、簡単ではありません。相手の態度や言動の一部を見て、駄目だと思う前に自分がどれほど真剣に、また熱意を持って仕事に取り組んだか?日頃から縁という事に重きを置いているか?を考えみて下さい。そして…足りない事を埋める努力をしたか…も振り返ってみて、じっくり時間をかけ、想い悩んでみてからでも遅くはないと思います。縁は縁を呼び、世界も広がりますが、縁切りは何かにつけ狭くなるだけです。