Daily Archives: 2016年6月6日

清・仏陀の教え⑳~修行と悟り~

 白黒写真001‐1人間、努力し…「修行」して「悟り」の境地に近づいている等と思うと自信だけでなく慢心に繋がります。禅の教えに「修証不二(しゅしょうふに)」「修証一等(しゅしょういっとう)」という言葉があり、修は「修行」証は「悟り」の事です。そして、「修行」と「悟」は別のものではなく、分けられない一体のものなのです。「修行」を積み、その結果として「悟り」を得られるのではなく、「修行」すること自体が「悟り」なのです。「修行」という手段によって「悟り」という目的にいたるのではなく、目的と手段が同じなのです。少し難しい話ですが、凡夫が修行して仏になるというのではなく、「修行」そのものが仏の行であるという教えです。つまり、「悟り」の中にいる人間を仏だとすれば、仏になるための「修行」ではなく、仏だからこそ「修行」ができるとのです。今の私にはなかなか理解が難しいですが、「悟り」は求めるものではないという教えは心に沁み渡ります。何事にも、欲張って…得るのではなく、謙虚に…開く、感じる…という感覚は必要だと思います…。