Daily Archives: 2015年11月30日

続・麺処⑪

 よく、『すべての名称、事例には理由がある…。』と地名や三大〇〇、行事の理由を聞かれる事がありますが、調べる時はたいへんでも、何かと発見はあります。で、秋葉原の地名の由来について少し調べてみました。1870年(明治2年)冬の大火事でできた焼け跡の地に、明治天皇の勅命によって鎮火三神を勧請して創建された「鎮火社」が、火防(ひぶせ)の神である秋葉大権現(あきはだいごんげん)IMG_5033として人々が「秋葉社」「秋葉様」等と呼んでします。この事からこの地が「秋葉の原」「秋葉っ原」と呼ばれ、秋葉原の地名が誕生したそうです。秋葉山は静岡県にあり、「秋葉山から火事(を出す)」なんてことわざもあります。意味は『人を戒める立場にある人が、自ら過ちを犯して しまうたとえ』だそうで、心に重く受けてないといけません。

 写真は東京、JR秋葉原駅構内の「鴨南蛮そば」です。このお店は秋葉原駅の総武線下り(千葉方面)ホームに面してある立ち食いそば屋さんです。普通の駅そばでそれなりに美味しいのですが、メニューは豊富で組合せを変えれば、毎日訪問しても軽く一ケ月は違うものが食べられます。