Daily Archives: 2015年2月26日

担任のいない教室②

 ある知人が『どんなに目指しても、努力しても、誰でも…東大に入れる訳ではない…。』と会津の什の掟を知ってか?知らずか?時々、口にします。これは、「ならぬことはならぬものです。」や「いくら、頑張っても無理なものは無理…。」と言う意味で単に終わらせるのではなく、人それぞれの天分を本人も周りも見極め、理解し、個人の特性、北欧の池特質を活かした活躍の場や生き方があると言うこととして考えて頂きたいものです。

 天分とは生まれつきの性質・才能の事ですが、 天から与えられた立場でもあります。これを見つけ、使命を感じ、社会貢献する事が、真の成功者ではないのでしょうか?社会的地位や名誉、財産を得る事だけに固執、執着するととんでもない事になります。どんな時でも「人間(ひと)として…。」人間らしく生きるって事はこの天分を知り、天分に生きる事だと思いますね。ちなみにこの知人は社会的地位やステータスに拘りを持つ人です。人間、拘りは必要で、ぶれない姿勢も大切です。ただ、評価や基準をブランドやランキングだけにしていると、主観的な好みがないまま、身近な宝物を見逃したりしますから、要注意です。これは、私の最近のお店や鉄道の撮影ポイントを探す事をネット情報だけに頼っている傾向にも言える事で、基本は足で探す事を厭わな言える様にしたいものです。