Daily Archives: 2012年7月17日

太子に学ぶ②~心の灯~

 聖徳太子は実在の人物か、そうでないかとの議論はありますが、太子ゆかりの寺院は近畿だけではなく遠く、広島の尾道や四国の香川県にも存在します。ですから、確実に聖徳太子に該当する人物は実在したと思われますし、何より、今現在、…灯として自分の「こころ」の中にいらっしゃる…と信じることが大切です。

 先週の月曜日のブログに載せた17条の憲法の言葉の色紙は実は法隆寺の大野玄妙管長の書で、それを細水社長が頂戴したものなのです。たいへん光栄な事で、その贈呈式の『「和のこころ」を伝える会』が13日に奈良ホテルでありました。もともと、昨年の11月に法隆寺見学会に参加させて頂いたご縁と、その主催者のビーバンジョア株式会社の宇野会長の働きかけで実現したものです。当日は細水社長が出張の為、奥様が名代として受け取られました。

 私自身もこの様な貴重な催し物にあたって、いろいろ勉強にもなりますし、改めて太子の「和」の精神に勤しむよい機会となりました。奈良にある太子ゆかりの寺院はいくつか参拝しましたが、兵庫県揖保郡太子町鵤(いかるが)にある天台宗の斑鳩寺には近々、行ってみたいですね。「斑鳩」以外に「鵤」って字が、地名があったのですね…。