カテゴリーのアーカイブ: 日記

韓国時代劇通信⑧

 NHKBSプレミアム 海外ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」の後番組は「仮面の王 イ・ソン」の初回…今週の日曜日、東京のホテルで見ました。顔を隠して育った若き王位継承者が、秘密組織に奪われた王座と国を取り戻すために闘う愛と正義のエンターテイメント・ドラマの触込み通り、期待できるスタートでした。1700年代の李朝鮮時代の話ですが、特に時代は特定されていない様でした。暗躍する地下組織の辺首(ピョンス)会が不気味ですね。六龍が飛ぶも無名(ムミョン)なる地下組織がありましたが、いつの時代もこうした不気味な団体は存在したのですね。政治を含め、歴史を動かした影の主人公はドラマの中だけであって欲しいものです。また、総合テレビの「オクニョ 運命の女(ひと)」の再放送も楽しんでます。

幻の大仏鉄道

 1898年(明治31年)の本日、 関西鉄道の加茂 ~大仏駅間が開通しています。大仏駅は関西鉄道が奈良駅への乗り入れ時に開設され、東大寺の大仏にちなんだ駅名です。奈良駅と区別し、観光アピールが狙いだった様で、東大寺の西方1.8㌔にありました。現在のJRの加茂駅~木津駅~平城山駅~JR奈良駅よりも東側を通り、勾配のきつい坂やトンネル、橋梁が多く、当時の機関車での運行が困難であったこともあって、開通から9年間で廃線となっています。奈良市法蓮町にある大佛鐡道記念公園には機関車の動輪モニュメントと説明碑があって、当時を偲ぶことができます。

続・不思議な奈良線

 1896年(明治29年)の本日、現在のJR西日本の関西本線の前身の奈良鉄道として、 木津駅 ~奈良駅間が延伸開業し、京都駅と奈良駅間が全通しています。今でもその区間のみやこ路快速などの直通列車はありますが、 木津駅 ~奈良駅間は奈良線ではなく関西本線です。写真の103系は平城山(ならやま)と木津間での撮影です。平城山駅は難読駅で、随分後になって開業しています。奈良市も駅周辺の開発には積極的でしたが、思った以上に周辺の開発は進んでいません。また、地元のバスも運行されていますが、本数も少なく、基本的にはアクセスも良くありません。平城山は歌にも詠まれた歴史がる場所で、大和の国と山城の国を隔てる低い丘のような地形です。

最近…想う事…【38】

    政治についてあれこれ、書くのはこうしたブログとしては適切でないと家族に言われましたが、あえて少し書いておきます。AI(人工知能)導入と仕事の置き換えは大企業のホワイトカラーの正社員から始まるなんて言われていますが、私は政治の世界に監視や管理目的で導入されてはどうか?と思います。国会や議会の答弁は質問に対して、正確に答えていない、何度も同じ事を双方で繰り返し言っている…などはAIが採点、介入し改善して欲しいですね。手本となる例文に当てはめて、答える…なんて方法があればすっきりします。また政治家の公約や活動内容、実績などの評価も誰もが判るような実績や活躍度を数値で公表すれば、有権者にも実態がよく分かる気がします。衆参両議員で150億円を超える議員歳費となっているそうです。議員旅費や雑費などもバカにならないでしょうが、政党交付金は300億円を超え、議員秘書手当なども含めると国会議員一人にさっと1億円…ってところでしょうか?100兆円近い一般会計の歳出総額からすると微々たるものですが、国会中継を見ていると釈然としないものを感じます。具体化するのが怖いから抽象的な…漠然とした不安に苛まれながらも、花は咲き、枯れない草を信じたいものです。

忱・課長の壁⑳~時勢を読む課長~

 人には得手不得手がありますが、営業職でマネージャーともなるとノートパソコンやスマホ、タブレットの扱いについて、不慣れでは済まないでしょう…。今、私たちの身の回りで一番、進歩や進化しているものでしょうから、それなりに上手く付き合う事が求められます。こうした時代になかなか次にくる…ものなどを先取りするのは難しいでしょうが、時勢を読む事は必要です。自分の意見や信念があれば、目まぐるしい時勢に振り回される事もないとないと思いますが、合わないと思ってしまうとそこで思考が止まります。今の時代は新聞をじっくり読むのではなく、種々雑多な情報を上手にゲットして、仕事や生活にプラスさせることが正に、時勢を読む事なんだな…と思います。

SAKURA☆TRAIN/若桜鉄道

 JR西日本の若桜線から引き継いだ形でいわゆる第三セクターとして頑張っている若桜鉄道ですが、桜のシーズンは名前負けしない見事な桜が沿線や若桜駅構内に咲き誇ります。若桜町の由来はいくつかあるらしいですが、平安時代に作成された「和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)」に「若桜郷」として記載されたのが最初だと言われています。この「和名類聚抄」は醍醐天皇の皇女勤子内親王の命によって撰進した、日本最初の分類体の和漢辞書だそうで、「若桜」という名称は、「日本書紀」及び「古事記」の履中天皇(5世紀前半の天皇)の項に「伊波礼若桜宮」(いわれわかさくらのみや)に奉仕した「若桜部」(わかさくらべ)に因むというのが一番、有力らしいです。「若桜部」は平安時代の天皇直属の天皇を支える集団で、その「若桜部」がこの地に居住したことから、地名として定着したものと考えられます。関西方面からだと中国道から鳥取へのアクセスはこの若桜町を通る国道29号線の西にある無料の高速道の鳥取道に人気がありますが、桜のシーズンはちょっと遠回りをしても、桜を楽しんでも損はしないと思います。

高石市のカレーうどん

 写真は阪和線の北信太(きたしのだ)駅の北東にある本場のさぬきうどんのお店のカレーうどんです。関西風のまろやかな味付けの出汁にさぬきうどんときざみあげのマッチングが絶妙です。でも、人気は右下の唐揚げ定食です。すごい量の唐揚げで、ガッツリ食べたい人の定番メニューです。この写真は連れが食べたのですが専用のタレもありました。

 ところで、信太(しのだ)はちょっと難読ですね。現在は JR阪和線が通って宅地化が進んでいる大阪府和泉市北部の信太山台地のふもと一帯の地名です。西部に神狐をまつる葛葉稲荷神社があって、付近一帯は信太の森として知られています。平安時代の陰陽師で有名な安倍晴明の生誕の伝説で有名な地で、これは1734年(享保 19年)初演の浄瑠璃で取り上げられて広く知られるようになりました。

距離感

 家族、友人・知人を含めた人と人とのコミュニケーションにおける絶妙…あるいは最適の距離感を設定するのは難しいのかも知れませんね。それが、もっと大きな組織になるとさらに複雑になってきます。例えばメールにしても友人・知人だったら、返信のタイミングはそれなりに自由ですが、会社となるとタイミングが求められます。CCの人がこっそ…と返信を催促するのも本末転倒です。ただ、重要なのはこの距離感は聖域に繋がりやすいという事です。距離感に遠慮をかけて節度で割ると聖域が生まれ、時間が止まります。時計の針は動いているのに、時間が止まるという事はゼロではなく、マイナスです。マイナスになるとタイムリーな動きが取れなくなります。機が熟す…という事は、時期が来て自然に事が成就することでもありますが、やりたい時がその時なのです。

続・豊橋市の立岩

  先日、天竜浜名湖鉄道へ行く途中、豊橋市の奇岩、立岩を再び撮影できました。新幹線より岩に近い在来線と天竜浜名湖鉄道への乗換駅の新所原です。登ってる人がいるのでちょっとしたクライミングを楽しんでいらっしゃるのでしょう。東海道線は新所原駅から静岡県ですので、この岩は愛知県の東の端にある訳です。この岩の前というか、小山の麓に喫茶店があります。私は重量級なのでロッククライミングでとても立岩には登れませんが、このお店と一つ西にある二川駅前の豊橋市地下資源館は行ってみたいと思います。

続・最期の桜

 2016年4月12日に「最後の桜」というタイトルでアップしていますが、今春でブログが終わる予定なので来年の桜はアップしないので、まさに最後の桜となりました。インスタグラムを続けられていたらいいのですが…。今年は意識していたのか?天候にも恵まれたのか?桜の写真がそこそこ撮影できました。探せば、遅咲きの桜に今週末でも出会う事も可能かもしれませんが、今シーズンの撮影は終わりました。

 中国やモンゴル、ロシア極東部、朝鮮半島、ベトナム北部に生息するる外来種のクビアカツヤカミキリが桜に木に寄生して、木を衰弱させ、内部から食い尽くし、枯死させる危険性が年々増加しています。2012年あたりまでは日本にはいない特定外来生物で、輸入される荷物の木製パレットの中に卵や幼虫が潜んでいたのではないかといわれています。下手をすると20年もしない内に花見ができなくなると心配している方もいます。国がクビアカツヤカミキリに効く殺虫剤の開発を急いでいるそうですが、特効薬ができるまでは、見つけたら根気よく一匹ずつ駆除していくしか方法はないそうです。…困った話ですが、地道な活動は大切ですので、出来る事からコツコツやるしかありません。そんな中で先月末の東大阪市などで発生した心無い人の桜の木の切断事件は許されない犯罪です。その後、捜査はどうなったのでしょうか?