Author Archives: 田中

遠江から三河へ④

 愛知県岡崎市で生産されている長期熟成させた豆味噌の「八丁味噌」は岡崎城から西へ八町(おおよそ800㍍)の距離にあった八丁村が村の名前の由来で、そのままその地で作られた味噌の名前となっています。その八丁村は現在の愛知県岡 […]

管理とは…。

 人生というのは私生活にしろ仕事にしろ、可能な限り問題を未然に防ぎ、心ならずも起きてしまった問題を解決する…そして、その為に嫌な人、嫌な事と向き合い、自分自身と自分の許せない事をどう、上手く処理するか?なんだろう…と思い […]

新・京都の真心⑩~鉄道の町・伏見~

 伏見区は鉄道の駅が多く、JRや京阪、近鉄、地下鉄が所狭しと走っています。京都市の中では嵐電の電停が多い右京区に次いで2番目に鉄道駅が多いのですが、電車発祥の地でもあります。油掛通と竹田街道の交差点の北東にある老舗和菓子 […]

遠江から三河へ③

 今回の旅行は岡崎市に宿泊し、翌朝朝一番に徳川家康生誕地として有名な岡崎城を訪問しました。菅生川と矢作川の合流地点にの丘陵を利用して造られてた岡崎城は松平家ゆかりの城で、1959年(昭和34年)に三層五階建の天守が復元さ […]

路辺に集う…写真⑪

 写真に特化したSNSの中では最大のユーザ数のインスタグラムですが、私もちょっとやっています。他にタイムラインでも写真をアップしていますので、随分…身近に、気軽に「写真が楽しめる」時代になったと思います。ただ、これは本来 […]

巨大ナメクジ、発見!!

 一般的にナメクジはカタツムリなどから貝殻がなくなる方向へと進化?(退化?)した軟体動物で、虫ではありませんが害虫として取り扱われています。農作業、園芸植物を食い荒らす直接的な被害だけでなく、見た目はもちろんの事、浴室な […]

遠江から三河へ②

 静岡県掛川市にある高天神城は標高132㍍、三方が絶壁の難攻不落の山城です。武田家の栄光と滅亡を象徴した城として、その道の人には良く知られています。掛川城の後、予定を変更して高天神城を訪問しました。昼なお暗い森の中を山頂 […]

忱・課長の壁⑤~規律と協調~

 何事も良くなるのには時間がかかるものです。人間のやる事で改善や回復などの特効薬はなく、最終的には堅固な意思と地道な活動が物を言います。しかし、悪くなるのは一瞬で、あっと言う間です。正に世の中でよく言われる…「過ちは一瞬 […]

遠江から三河へ①

   私はおおざっぱに言うと関西人で、その中でも一応…京都人です。鱧は食べても河豚を食べる機会は実は少なかったのですが、島根からこちらに帰ってきて,大阪で食べる機会が増えました。そこで、ある部位を「とうとうみ」と呼んでい […]

韓国時代劇通信③

 今まで全く関心がなかった韓流ドラマですが、その気になったら毎日2~3本は軽く見られます。私はその中で時代劇に絞って、週8本ペースです。録画予約していると、一つの番組が終了しても次にスタートするものを見てしまうので、永遠 […]