毎回、好評を頂いております上原

当社の2019年のレーザーカレンダーが出来ました。

2013年巳年からSTARTしたこの形状カレンダーも
早いもので6年目になります。

 

2019年のコンセプトは

来年創業100周年ということもあり、

おめでたい配色=「紅白」に限定し、

レーザーカットをメインに施した

スペシャルな仕様で制作致しました。

 

タイトルは

重ねる=レイヤーを意味する「LAYERS

これまで重ねて来た月日と

今後も重ねて進む未来を願って

11枚の季節と干支が重なって完成される

デザインで表現しています。

 

カレンダーはいつも目にするものだからこそ

どこか温かみを感じさせるような、

日常にそっと添えるような、

そんなイメージをお届けできたらと考えています。

そして何より皆様に喜んで使って頂けたら、

このカレンダーに携わったSTAFFの一員として、

作り手として嬉しく思います。

 

来年もどうぞ、皆様のお側に・・・。

 

最後に、

無印良品のサイトより

「暦とカレンダー」に関しての

素敵な言葉を引用させていただきます。

 

「日本人は、月の満ち欠けや日脚の長さ、

草木のたたずまいなどから季節の移ろいを読み取り

暮らしてきました。

こうした一人一人の季節感が積み重なって、

民族の季節感となり、日本の文化に影響を与えて

きたとも言えましょう。

暦はもともと、自然の移ろいである季節と人間の生活を

結びつけるためのものです。」


TAISEI株式会社
本社デザイン部 上原