進化する工場・人

当社には製造拠点として、奈良に工場があるのですが、

その奈良工場では前期1年の間に、外部のコンサルタントを毎月招き、カイゼン活動が行われていました。

私は本社にいますので、実際にどのような内容が展開されているのか分かっていなかったのですが、先日1年の最終報告として、奈良工場の各部門のカイゼン報告を聞かせていただきました。

 

活動の展開順序など非常に興味深く、自部門でも取り入れるべき内容だと感じ、

なにより活動を通じて意識が変わる様、より高次に成長、展開していく様がよく見てとれ、

私も1年聞いてみたかったなと悔しく思ったりもしました。

 

そして、それら報告が現実としてはっきりと分かった瞬間が訪れました。

それは先日、外部の方と一緒に奈良工場の全体をまわった時のことです。

どの部門にいっても、区画線がしっかりと引かれており、

どこに何があるのかが見える化されている。

誰がどの責任者なのか、この場において注意すべきところは何か、

そういった事が全て分かるようになっていました。

先に工場の活動報告を聞いて意識の進化を感じ、現場を見てまさに納得の瞬間でした。

 

工場内を回っている間は、各現場の環境、そしてそこで働く社員を非常に頼もしく思い、

興奮さめやらぬ私は、早速次の本社朝礼でも話したぐらいです。

 

この好スパイラルは、奈良工場で留めるのではなく

工場の社員には、他の拠点に対し発信をしていただきたいと思いますし、

他拠点の社員は、工場に訪れた際は学んで帰ってもらいたいと思います。

 

好スパイラルは決して一カ所で終わるものではないはずです。

一つの展開が次の展開を生み、広がっていく。

奈良工場で生まれた好スパイラルを大切に全社へ広げていきたいですね。

 

TAISEI株式会社

管理部 小林