ハインリッヒの法則

このハインリッヒの法則は、労働災害の経験則のひとつで、1つの重大災害や重大な事故1件につき、

軽微な事故が29件、さらにその背後に隠れた事故寸前の案件が300件あるとしています。

 

最近では製造業でも広く活用されており、要は重大な事故というのは、軽微な事故を防いでいれば

発生せず、また、軽微な事故はヒヤリとするような事故を防いでいれば発生しないということです。

 

また、ハインリッヒの法則と似た理論のひとつに、ドミノ理論があります。

ドミノ理論はひとつの駒が倒れることによる連鎖反応で将棋倒し理論とも呼ばれ

ハインリッヒの法則が提唱する1293003段階の前に、作業環境の不良、材料不良、設備不良

そして管理不足という不安全行動または状態があると定義されるものすべてを取り除くことによって

ハインリッヒの法則が提唱する1の重大な事故を防止できると結論づけています。

 

 

私自身このことについて深く考える時間があったので、起こったことに対してはとにかく前向きに考え

今後の糧として忘れてはいけないなと思っています。

 

京セラの創業者である稲盛和夫氏の経営哲学の一つに

『楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する』

とあります。

この言葉は以前から知ってましたが、知ってるだけでできてないことが多いと反省してます。

 

仕事をする上でも、起こった問題に対し真摯に向き合い、対処、回復に向けてスピードを持って

取り組むのは当たり前ですが、それが一向に前進しない、解決しないという現実も時にはあります。

 

そういった意味でもいかに準備段階での予防が重要となるか(悲観的に計画)、常に慎重に深く考え

一つ一つの経験を教訓としそれを次につなげて財産にしていくことが大事だと思います。

 

 

そして私がいつも心掛けていることですが、感謝の気持ち、謙虚な姿勢、前向きな気持ちを忘れず

誰に対しても平等に同じ気持ち、同じ姿勢でいることを忘れてはいけないと思います。

 

感謝の気持ちは態度で表れます。

 

時には自分自身の態度を振り返ってみて原点に戻る時間を作りたいと思います。

 

TAISEI株式会社

名古屋営業所 横田