奮輝

21日、約1ヶ月にわたるプロ野球のキャンプがスタートしました。

 

今年は大リーグから青木宣親のヤクルト復帰、松井稼頭央の西武復帰やFA選手の動向等、環境の変化でどのような活躍をするのか楽しみな選手も沢山いますが、やはり注目は清宮選手の入団による野球界全体の盛り上がりと活躍を期待したいと思います。

 

記事で読んだ内容ですが、清宮選手は自分を客観視できている【大志と細心のほどよい均衡】とありました。

大志を持って未来を遠望する一方、始まったばかりのプロ生活ではこの世界の厳しさを自覚し、

足元の一歩、一歩に焦点を合わせている。

大志と細心を一つの胸に合わせもっているのも、スターの資質といえるかもしれない。

 

18歳でこのバランスを併せ持っているとしたらとんでもない成績を1年目から残すような気がしますし、

間違いなく近いうちに球界を代表する選手になるのではないでしょうか。

 

 

さて、表題の『奮輝』は2018年の読売ジャイアンツのチームスローガンです。

『気持ちを奮い立たせ、勇気をもって戦い抜いた先に、光り輝く栄光が待っている。』

 

昨年は11年ぶりのBクラスに終わり、日本一からは6年間も遠ざかっています。

ベテランと若手の入れ替わりのタイミングにきていますが、ベテランの踏ん張りが足らない、

若手は良い人材はいるのに思うように育っていないのが現状です。

育成にも問題があるかもしれませんが、全ては自身の気持ちの持ちようだと思います。

まさに『奮輝』は今年のジャイアンツに求めるそのものです。

ファンとしても今年こそはという気持ちでいますが、このスローガンを見た時、私自身にもこれだ!

という気持ちになりました。

 

普段通りを心掛け、気持ちがぶれることなく、奮輝できる自分を磨いていきたいです。

 

TAISEI株式会社

名古屋営業所 横田