折り返し地点

早いもので今年も11月に入り、残すところ1ヶ月半となりました。

11月は当社の半期決算月になり、今期も折り返し地点となりました。

ひとつの区切りとしまして、期初に掲げた目標を見直し、新たな半期のスタートとなります。

以前このブログで『PDCAの再認識』の重要性を挙げました。

PLAN(計画)→Do(実行)→Check(評価・検証)→Action(改善)を繰り返すことで

業務を進めていき、スパイラルアップ(螺旋の成長)を成し遂げていくというものです。

これを意識して日々の業務を行い、実際の行動に落とし込むこと、サイクルさせることが肝でありもっとも重要になります。

これから、当社にとっても世間的にも年間で最も忙しい時期に差し掛かります。

どうしても目の前のことを重視し過ぎてしまい、俯瞰の目をもてず元々の計画を見失うようなことが起こりがちかと思います。

この半期のタイミングでできたこと、できなかったこと、足りていないこと、改善が必要なことを見直し、クリアにして新たなスタートを切ってもらいたいと思います。(もちろん私もですが社員全員が認識)

日々の業務なかで、失敗や色々な悩み、時には目標を見失うこともあるかもしれません。

上司や同僚へのホウ・レン・ソウでの解決はもちろんのこと、

当社の理念手帳を読み返し、考えを整理することも大事なことだと思います。

私が特に気になるフレーズ、また壁にぶつかっているひとがいれば・・・一部抜粋します。

経営理念コア・バリューより

『「成長」仕事を通じた人の成長を会社の目的とする。』

『「幸福」関係する全ての人の幸福を会社の理想とする。』

経営方針より

『ホンモノの実力を伴う成長を遂げるために、原点回帰して現実と真摯に向き合う』

今期こそは期の終わりには全員が目標を達成できたと言える1年にしたいです。

 

TAISEI株式会社

本社営業部 庄司