チームワーク

チームワークが良いと聞いたとき、皆様どのような状態を想像されますでしょうか?

イメージとして仲が良い集団を想像されるのかと思います。

最近このチームワークという言葉に奥深さを感じ、チームワークとはいったいどうゆうものなのかをよく考えています。

さしあたりインターネットでチームワークとは、と検索しますと下記のように出てきました。

 

「複数の人が共同で仕事を行うときに、バラバラに動くのでなく、お互いに協力したり役割分担したりして、

チーム一体となって1つの目標を追求し、全体成果をあげようとする営み。」

正に、会社組織の在るべき姿なのではないでしょうか。

ポイントは個で自由に目標を目指す集団ではなく、組織の中の自分の役割を理解して、お互いを補完しながら、より高い目標を目指す集団であるということかと思います。

つまり、1+1=2の集団ではなく、1+1=2+αの集団であるということ、

そういった相乗効果を生み出せる集団こそがチームワークの良い組織といえるのかと思います。

 

その点でいきますと、手前味噌で恐縮ですが、私は当社のチームワークを誇れるものだと思っています。

有難いことにお取引様からも、素晴らしい組織力ですねとお褒めいただいたことも一度や二度ではございません。

皆真面目で、自分の役割をしっかりと自覚し、責任を持って行動しているからだと思っています。

そして、それが年々成長していっていることをなにより頼もしく感じております。

 

しかし、決して今の状態がベストではございません。

今日のベストは明日のベターです。

まだまだ個も集団も成長できるはずですし、

それらの相乗効果でもっともっと大きなものが生みだせるはずです。

 

個と集団が正しく成長し、成長した個がお互いに干渉することで

相乗効果を生みだし、目標を達成することがチームワークとするならば

それは必ずしも楽しい場面ばかりではございません。

時には他者に対し耳の痛いことを指摘したり、その反対に聞かないといけない場面もあるかと思います。

しかし、それもまたチームワークです。

どのような場面も健全に前を向いていけば、必ずよりよいチームワークを手にすることができます。

そして、そのチームワークを手にした時、皆さんは個としても今よりきっと多くのものを手にしていることでしょう。

 

一人では踏み出せない大きな一歩、皆で踏み出したいですね。

 

TAISEI株式会社

管理部 小林