Monthly Archives: 10月 2018

展示会 2018秋

1015日から17日の3日間「ビューティーワールドジャパン ウェスト」が

インテックス大阪で開催されました。

当社も特別出展エリアにて出展させて頂きました。

既存の得意先様初め当社ブースにお立ち寄り頂きました皆様、有難うございました。

 

ビューティーワールドの展示会は、化粧品メーカー、OEM会社、ネイル関連美容機器、健康食品、小売販売など様々な会社様が出展されていました。

今まで知らなかった新商品や技術、商品など一般消費者目線でみまして日進月歩であることを感じました。

 

当社のメインは紙器を中心とした印刷・紙器メーカーです。

本来パッケージ展のような展示会に出展することが一般的かも知れませんが、

今回初めてビューティーワールドの展示会に出展しました。

またここ数年は

「ドリンク&スィーツ」・・・食品系 

「化粧品開発展」・・・・化粧品系

「ベビー&キッズ」・・・赤ちゃん・お子さん系

など、色々なジャンルの展示会へ出展しております。

 

当社が携わる商品・加工は業界を問わず多岐に渡っております。

色々な業界のユーザー様に当社の取組みを広めたい、ご協力させて頂きたい、

またその出会いの場であると考えております。

 

今回の展示会を通じ初めてコンタクト頂きましたユーザー様、既存ユーザー様

これを期にあらためまして、お役立て提案させて頂ければと思います。

宜しくお願い申し上げます。

 

TAISEI株式会社                 

本社営業部 庄司

 

四十にして惑わず

「四十にして惑わず」

40歳になられたタイミングでよく聞かれる言葉ではないでしょうか。

意味は「40歳になって、道理も明らかになり自分の生き方に迷いがなくなったということ。」

だそうです。

 

そして私もこの9月で惑わない歳、40歳を迎えてしまいました。

この節目にふと考える…。

私の人生において30代は、いろいろと大きな変化がありました。

 

当社に入社したのが丁度30歳で、今まであまり欲のない働き方をしていた私が

一念発起して意識的に上を目指そう、どこまでいけるかやってやろうと思って入社したことを覚えています。

それだけ強い欲をもって業務を行っていたので、ある程度まではすぐにいけて

そこで頭を打って、自分を見失って、何が正解かわからなくなり、

それでも理解しようとして考え、皆様の力を借りながら

少しずつ物事が見えるようになってきた…。

 

また私生活においても、この30代で結婚をして、子供が生まれ

一人から二人、二人から三人、三人から四人と家族が増える中で、

支え、支えられ、互いに相手を思いやることや、子供に教え、教わる事で

丸く大きく成長することができた…。

 

おかげで今は、不惑とまではいかないかもしれませんが

そんなに惑うことは少なくなったように思います。

そう感じれるほど30代での10年は私にとって充実していました。

そういった状況に導いてくれた皆様との出会いに対し、ただひたすらに感謝です。

 

さて、次の10年はどうか…。

「四十にして惑わず」

今度は惑わずに何を成すかだと思っています。

40代を安定して暮らすということではなく、

覚悟をもって成すべきことを定める。

定めたら一心不乱に向かっていく。

 

そして五十にして天命を知れたら最高ですね。

新しい10年も皆様と一緒に彩りのある、よい時間でありますように。

 

TAISEI株式会社

管理部 小林

 

改善

福岡に行った事により、営業以外の業務を経験する機会に恵まれております。

 

こういった機会は2度目ですが、非常に良い経験をさせて頂いております。

 

普段は何気なくお任せしてしまいがちですが、

 

現場で右往左往してしまう事を肌身に感じます。

 

相手が気持ちよく動いて貰えるように差配する事は重要です。

 

お互いにコミュニケーションをとって業務を遂行できる会社でありたいです。

 

会社がどのように動いているかを把握する事は

 

マネジメントの立場にとっては大事な事だと思います。

 

但し、もっと効果・効率を求めて改善する事は出来ると感じています。

 

改善して・改善して・更に改善する。

 

限られた時間の中ですが、

 

少しでも皆さんが業務をしやすい環境作りに取り組んで参ります。

 

TAISEI株式会社

福岡営業部 治久丸

季節の変わり目に思う事

今年も残すところあと3ヶ月となりました。

夏から秋にかけて季節の変わり目ですが、毎年この時期になると思い出す

事の一つに「着物」があります。

 

以前、着物業界に携わっていたことがあり、毎年10月頃に100名近く集めて行われていた

「着物パーティー」のことを思い出します。

街中で着物を着ている人は皆無の中、着物姿の人ばかりのあの圧巻の景色は

今でも脳裏に焼き付いています。

 

着物という言葉を調べると、「和服」とでてきます。

和服とは文字通り「和」の「服」

つまり、日本の衣服という意味になります。

昔は普段着であった着物も、今では高価で、着付けが煩わしい、動きにくい等の理由により

着る機会を失い、徐々に普段着とする人の割も減り、普段着は洋服へと変わっていきました。

 

着物が売れない時代に、着物の良さを知ってもらい、着物を着る機会を提供するための一環として行われていたのが「着物パーティー」です。

もう10年以上も前の話になりますが、当時は自分で着付けをし、定期的に着物を着ていました。

着物姿で外を歩いた時の心地よい空気感は今でも心に残っています。

 

そんな着物には不思議な魅力があり、着物を着ると自然と背筋が伸び、姿勢が良くなり

凛とした立ち振る舞いになります。

 

着物は洋服と比べると動きにくいため、ものを取るときや歩くとき、座るときなど

動きにくさを解消するために美しい所作が必要となります。

というより自然と美しい立ち振る舞いになるような気がします。

 

その当時学んだことは、美しい所作というのは全ての基本が

「丁寧」から始まるということです。

 

今では着物を着ることもなくなってしまいましたが

内面からの美を引きだしてくれる着物の良さを忘れず

一つ一つの行動に「丁寧」を心がけていきたいと思います。

 

TAISEI株式会社

名古屋営業所 横田