Monthly Archives: 6月 2018

サッカー ロシアW杯開幕!!

四年に一度のサッカーの祭典、W杯がロシアで開幕しました。

サッカー通以外のかたも、テレビにかじりついて日本代表を応援、熱狂する。

そんな時期がやってきました。

今回の日本代表はと言いますと、

ご承知の通りグループリーグの初戦コロンビア戦を2-1と見事勝利を収めました。

今回はW杯直前での監督交代、直前の親善試合での内容も芳しくなく、前評判はさっぱりでした。

個人的にも勝利をするイメージを持てず良くて引き分け、おそらく敗戦で予想していましたが

いざ蓋をあけてみると、見事な勝利・・・・本当にすみません。。という思いです。

この勝利により一気に気運が変わった印象で、日本国内での注目度もまた上がりそうです。

どのチームもW杯前の2~3週間をいかに過ごすかによって、本戦のコンディションが大きく変わるとのことで

ある意味開き直りもあったかと思いますが、

新任の西野監督が上手くこの時期でチームをまとめ、一丸となれたことが勝利の要因ではないでしょうか。

このW杯期間になりますと日本では過去の試合や歴代の監督を特集することがありますが、

個人的に印象に残っている監督はオシム監督です。

2006年に日本代表監督に就任。

脳梗塞で倒れ一命を取りとめ回復されましたが代表監督を続けられる状態ではなかった為、退任を余儀なくされました。

オシム監督はメディアへの対応が独特で、インタビューや取材でウィットに富んだ発言をされています。

また発言は名言や語録として扱われています。

個人的に印象に残っているものご紹介します。

●サッカーにおける「スピード」とは何か。

それは、相手選手より速く走ることだけを意味してはいない。スター選手の中には足の遅い選手もいる。

●誰の真似もする必要はない。自分達の道を探しなさい

●人の頭ではなく、自分の頭で考えなければならない

●限界には、限界はありません。限界を超えれば、次の限界が生まれるのです

●大事なことは、昨日どうだったか、明日どうかではなく、今日一日を大切にすること

●トップクラスの選手は、シンプルにプレーするものであり、それが一番美しい

●サッカーの試合とは絶対に一人では成立しない。君たちの人生も同じじゃないか

●システムは保証でしかないことを理解したほうがいい。システムの奴隷になってはいけない

●自分が誰かよりも弱いことを実際に認めなければ、日本人は、自分が劣っていることを認めないだろう

などなど・・・

監督の根本の考えを分かりやすく、短い文章にしてメディアに発信する。

世間に発信しつつも、ベクトルは選手に向いていて方向性の理解深める意図もあったのではないでしょうか。

また、この名言は解釈によっては自分の日常生活にも落とし込めるものが多いですよね。

サッカー選手とはいかにあるべきか=人生とはいかにあるべきか。

日本代表の活躍を期待しつつ、オシム語録も一度ご覧頂ければと思います。 

 

TAISEI株式会社                 

本社営業部 庄司

 

進化する工場・人

当社には製造拠点として、奈良に工場があるのですが、

その奈良工場では前期1年の間に、外部のコンサルタントを毎月招き、カイゼン活動が行われていました。

私は本社にいますので、実際にどのような内容が展開されているのか分かっていなかったのですが、先日1年の最終報告として、奈良工場の各部門のカイゼン報告を聞かせていただきました。

 

活動の展開順序など非常に興味深く、自部門でも取り入れるべき内容だと感じ、

なにより活動を通じて意識が変わる様、より高次に成長、展開していく様がよく見てとれ、

私も1年聞いてみたかったなと悔しく思ったりもしました。

 

そして、それら報告が現実としてはっきりと分かった瞬間が訪れました。

それは先日、外部の方と一緒に奈良工場の全体をまわった時のことです。

どの部門にいっても、区画線がしっかりと引かれており、

どこに何があるのかが見える化されている。

誰がどの責任者なのか、この場において注意すべきところは何か、

そういった事が全て分かるようになっていました。

先に工場の活動報告を聞いて意識の進化を感じ、現場を見てまさに納得の瞬間でした。

 

工場内を回っている間は、各現場の環境、そしてそこで働く社員を非常に頼もしく思い、

興奮さめやらぬ私は、早速次の本社朝礼でも話したぐらいです。

 

この好スパイラルは、奈良工場で留めるのではなく

工場の社員には、他の拠点に対し発信をしていただきたいと思いますし、

他拠点の社員は、工場に訪れた際は学んで帰ってもらいたいと思います。

 

好スパイラルは決して一カ所で終わるものではないはずです。

一つの展開が次の展開を生み、広がっていく。

奈良工場で生まれた好スパイラルを大切に全社へ広げていきたいですね。

 

TAISEI株式会社

管理部 小林

 

決然

TAISEIでは期の始まりの6月に年度目標設定会議が開催されます。

 

全社員が一同に介して様々な発表を行う機会です。

 

参加するたびに未来に目を向ける事の重要性を肌身に感じます。

 

過去を振り返り、現在を見据え、未来に向き合うのです。

 

当日は1日がかりではございますが、

 

内容は非常に深く考えさせられる内容ばかりです。

 

TAISEIで働ける喜びを感じると共に

 

自分も負けられない気持ちが緊張感として強く芽生えます。

 

現状に満足する事無く、弛まぬ努力の先に希望を抱いて参ります。

 

最近、将棋番組を見る機会があり、

 

棋士の先生が色紙に「決然」と書いているのを拝見しました。

 

意味は「意思を固める様子、覚悟する様子」との事で頭に残っております。

 

今年は福岡営業所1年目でございます。

 

迷いやためらいを全部捨てて「決然」と目標に邁進する所存です。

 

 

TAISEI株式会社

福岡営業所 治久丸

ハインリッヒの法則

このハインリッヒの法則は、労働災害の経験則のひとつで、1つの重大災害や重大な事故1件につき、

軽微な事故が29件、さらにその背後に隠れた事故寸前の案件が300件あるとしています。

 

最近では製造業でも広く活用されており、要は重大な事故というのは、軽微な事故を防いでいれば

発生せず、また、軽微な事故はヒヤリとするような事故を防いでいれば発生しないということです。

 

また、ハインリッヒの法則と似た理論のひとつに、ドミノ理論があります。

ドミノ理論はひとつの駒が倒れることによる連鎖反応で将棋倒し理論とも呼ばれ

ハインリッヒの法則が提唱する1293003段階の前に、作業環境の不良、材料不良、設備不良

そして管理不足という不安全行動または状態があると定義されるものすべてを取り除くことによって

ハインリッヒの法則が提唱する1の重大な事故を防止できると結論づけています。

 

 

私自身このことについて深く考える時間があったので、起こったことに対してはとにかく前向きに考え

今後の糧として忘れてはいけないなと思っています。

 

京セラの創業者である稲盛和夫氏の経営哲学の一つに

『楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する』

とあります。

この言葉は以前から知ってましたが、知ってるだけでできてないことが多いと反省してます。

 

仕事をする上でも、起こった問題に対し真摯に向き合い、対処、回復に向けてスピードを持って

取り組むのは当たり前ですが、それが一向に前進しない、解決しないという現実も時にはあります。

 

そういった意味でもいかに準備段階での予防が重要となるか(悲観的に計画)、常に慎重に深く考え

一つ一つの経験を教訓としそれを次につなげて財産にしていくことが大事だと思います。

 

 

そして私がいつも心掛けていることですが、感謝の気持ち、謙虚な姿勢、前向きな気持ちを忘れず

誰に対しても平等に同じ気持ち、同じ姿勢でいることを忘れてはいけないと思います。

 

感謝の気持ちは態度で表れます。

 

時には自分自身の態度を振り返ってみて原点に戻る時間を作りたいと思います。

 

TAISEI株式会社

名古屋営業所 横田