Monthly Archives: 7月 2017

パ・リーグから学ぶ23:『通信ネットワークの発達により見れたZOZOマリン』

今さらですが昨今の通信ネットワークの発達には驚かされます。

 

私が子供の頃のパ・リーグにおいて、一軍の公式戦の途中経過を掴むだけでも苦労していたのが、

今は試合開始前から終了まではもちろんのこと、二軍の試合、キャンプ、紅白戦、ドラフトまで

リアルタイムで情報が入ってきます。

 

先日もその発達によって見る事が出来たものがありました。

715日 オールスター第2戦。終了後。

勝利したパ・リーグの選手達がチームの垣根を越えて肩を組み、ファンと共に喜びを分かち合う光景がそこにありました。

 

・個ではなくリーグ全体の繁栄を考える。

・先人から脈々と受け継がれる「実力のパ」の精神。

・苦難の歴史をともに歩み、二度と繰り返さないという一体感。

 

 

また、同時にそのパ・リーグにおいて、今年は楽天。昨年は日本ハム。2015年は独走。2014年はオリックス。

毎年、相手チームは変われども常に優勝争いの中心にいるホークスも本当にご苦労様です。

 

豊富な資金力がベースにあると言ってしまえば、それまでですが、勝ち続けるには、

・弛まぬ努力

・創意工夫

・中・長期的なビジョン

・積み上げの大切さの浸透 丁寧に

・個々の役割理解、実践

・ブレない信念

などがあっての事だと思います。

 

 

90年代前半、集客に悩むロッテが自虐的に誘客キャンペーンを展開した時のキャッチコピー「テレビじゃ見れない川崎劇場」が『通信ネットワークの発達により見れたZOZOマリン』となり今までパ・リーグ、ホークスから学ばせて頂いた事を凝縮して見せて頂いたように思います。

 

FullSizeRender

 

ありがとうございました。

 

TAISEI株式会社  奈良工場

生産管理部 吉田 

 

道の駅

7月も後半に差し掛かり、梅雨もあけ暑い日が続きます。

正に夏本番ですね。

海・山や観光に遠出する機会も増えるかと思います。

私も先日、家族で海水浴に行ってきました。

奈良から京都を経由し福井というルートでしたが、

新しい高速道路(自動車専用道路等)もでき、またジョイントもされており

一昔前に比べ、スムーズに遠方へ行ける環境となっていました。

サービスエリアの一部は「道の駅」の枠組みのなかで運営されている箇所がありました。

ここ数年、高速道路に限らず一般道でも「道の駅」を目にする機会が増えています。

また、増えているということは良い評価・収益も良いということかと思いますので

少し調べてみました。

 

■道の駅(みちのえき)は、日本の各自治体と道路管理者が連携して設置し、

 国土交通省(制度開始時は建設省)により登録された、

 駐車場・休憩施設・地域振興施設が一体となった道路施設のこと。

 

1993年に登録された全国103箇所の施設が「第1号」である。

 20174月末時点で全国に1,117箇所登録されている。

 

■高速道路には24時間自由に利用できる休憩所である

 サービスエリア (SA) やパーキングエリア (PA) が整備されてきたのに対し、

 一般道では公的で24時間開いている休憩所はほとんど存在しなかった為。

 

■「休憩機能」・・・・道路利用者の為

 「情報発信機能」・・・・道路利用者や地域の人々のため

 「地域の連携機能」・・・・道の駅を核としてその地域の町同士が連携する

  という3つの機能を併せ持つ。

 

街ではなく田舎の道に多く設置されており、結構にぎわっている印象があります。

現状はWIN・WINの関係性ではないでしょか。

●運営側・・・地域の活性化・アピール。

●利用者・・・休憩利用・旅行先の情報源・地域特産品の購入ができる。

またその地元の生産者(農作物。・工芸品など)の販路となる。地産地消。

 

個人的には

新鮮なものや生産者の顔がより見えやすい商品であったり、

オーガニックなイメージもあります。

スーパーとは異なる価値観を消費者が見出しているということではないでしょうか。

今後のモデルケースとしてのヒントもあるかもしれません。

情報を加味しつつ利用、今後の展開も見守りたいです。

 

 

TAISEI株式会社

本社営業部 庄司

 

チームワーク

チームワークが良いと聞いたとき、皆様どのような状態を想像されますでしょうか?

イメージとして仲が良い集団を想像されるのかと思います。

最近このチームワークという言葉に奥深さを感じ、チームワークとはいったいどうゆうものなのかをよく考えています。

さしあたりインターネットでチームワークとは、と検索しますと下記のように出てきました。

 

「複数の人が共同で仕事を行うときに、バラバラに動くのでなく、お互いに協力したり役割分担したりして、

チーム一体となって1つの目標を追求し、全体成果をあげようとする営み。」

正に、会社組織の在るべき姿なのではないでしょうか。

ポイントは個で自由に目標を目指す集団ではなく、組織の中の自分の役割を理解して、お互いを補完しながら、より高い目標を目指す集団であるということかと思います。

つまり、1+1=2の集団ではなく、1+1=2+αの集団であるということ、

そういった相乗効果を生み出せる集団こそがチームワークの良い組織といえるのかと思います。

 

その点でいきますと、手前味噌で恐縮ですが、私は当社のチームワークを誇れるものだと思っています。

有難いことにお取引様からも、素晴らしい組織力ですねとお褒めいただいたことも一度や二度ではございません。

皆真面目で、自分の役割をしっかりと自覚し、責任を持って行動しているからだと思っています。

そして、それが年々成長していっていることをなにより頼もしく感じております。

 

しかし、決して今の状態がベストではございません。

今日のベストは明日のベターです。

まだまだ個も集団も成長できるはずですし、

それらの相乗効果でもっともっと大きなものが生みだせるはずです。

 

個と集団が正しく成長し、成長した個がお互いに干渉することで

相乗効果を生みだし、目標を達成することがチームワークとするならば

それは必ずしも楽しい場面ばかりではございません。

時には他者に対し耳の痛いことを指摘したり、その反対に聞かないといけない場面もあるかと思います。

しかし、それもまたチームワークです。

どのような場面も健全に前を向いていけば、必ずよりよいチームワークを手にすることができます。

そして、そのチームワークを手にした時、皆さんは個としても今よりきっと多くのものを手にしていることでしょう。

 

一人では踏み出せない大きな一歩、皆で踏み出したいですね。

 

TAISEI株式会社

管理部 小林

時間

日々の業務の中で制限される縛り『時間』をどのようにコントロールするか?

 

効率を求める中で重要な要因で自分の中で最重要の項目と意識しています。

 

『時間』には大きく3つの事を考えなくてはなりません。

 

①    お客様

 

②    依頼先

 

③    自分

 

何よりもお客様の希望<指定>以上の成果が自分に対する評価になりますが、

 

物事には準備と段取りなしに先へは進まない事を忘れてはなりません。

 

自分の動きに忙殺されてしまう事で手数と迷惑を掛けなくてはなりません。

 

お客様の希望を尊重する動きも大切ですが、社内外への依頼先への配慮を肝に銘じます

 

○手配の停滞・漏れのない依頼

 

○意図と求められる結果を共有できる依頼

 

今後とも皆様からのご指導並びにご鞭撻の程、お願い申し上げます。

 

 

TAISEI株式会社

東京営業部 治久丸

身心一如

禅では身と心を合わせた時、「身心」と書き、まずは意識を向けるべきは「身」

頭で心を整えようとするのではなく、心を整えるためにまずは身を整えることとあります。

 

心という目に見えない、掴み所のないものと違って、身は自分の意識ではっきりと整えることが

出来るからです。

 

身心一如とは「体と心はひとつである」ということを意味する禅語です。

 

休日に疲れを取るつもりで一日中家でゴロゴロ過ごすよりも、意識を外に向けてどこかへ出かけた方が

リフレッシュになり、刺激もあり、きっとカラダとココロのバランスも良くなると思い、

最近では意識して出かけるようにしています。

 

そして、私が最近取り入れたのが体幹トレーニングです。

始めて約2ヶ月が経ちます。

トレーニング時間は別として今のところ毎日続いています。

 

健康維持のために毎日出来ること、数分でもいいから毎日続けることを意識しています。

そうすることで習慣となるからです。

 

最近では体幹のメニューを増やしたり、腕立て伏せをしたりと量を増やす日も増えて

徐々に習慣として身についてきてると実感しています。

 

年齢も40半ばになったので、身心ともに健康でいる為に、まずは体に意識を向けて

心とのバランスを整えたいと思います。

 

TAISEI株式会社

名古屋営業所 横田