Daily Archives: 2016年12月19日

パ・リーグから学ぶ⑲:『教え教わる』

%e5%90%89%e7%94%b0%e8%aa%b2%e9%95%b7p10月から私が講師となり、経験の浅い営業、営業サポート向けに原価計算勉強会をさせて頂いています。

 

計算の仕方だけでなく、計算するにあたって必要な項目の導き出し方、紙の特徴、各加工の説明、注意点、原稿の作成方法、工場への正しい指示の仕方などが主な内容です。

 

4回の勉強会が終了して、各自、理解されて来ていると感じています。

 

 

出来るようになって頂いて、会社の力となって頂く。

分からなかった事を理解する事で、自信をつけてもらい、他業務にもつなげてもらう。

こういった事がこの勉強会の最大の目的だと思っています。

 

 

でも、これは何も教わる方だけに効果が出るものではないんですよね。

教える側の私自身にも勉強会を通じて得たものがたくさんあったと思っています。

 

 

① 一から勉強出来た

教える以上は、当然、正しい事を伝えないといけません。分かっていた事も、もう1回確認する事が出来ましたし、少しあやふやになっていたところも再認識する事が出来ました。

まずは、私自身の理解力が高まったと感じています。

 

 

②流れが整理出来た

どうしても、私自身が分かっているという事もあり、頭の中で自然と業務をしてしまいがちです。

でも、今回の勉強会が、本当の最初の部分からの原価計算という主旨でしたので、一つ一つの確認項目のチェック、順番などを私なりに考え整理する事が出来ました。

整理する事で私自身の業務効率も上がったと思っています。

 

 

③どうやったら相手に伝わりやすいかを考える機会を得た

講師である以上は、相手に伝わらないと意味がありません。

「この加工は大阪で3社しか出来ません。」「これが最も多い事故の内容です。」「この指示だけはしないと、何も始まりません。」

など相手の頭に残り伝わるにはどうすれば良いかを考える場になりました。

 

 

④コミュニケーションの場を設けられた

勉強会はTV通信システムを使い、大阪、東京、名古屋をつないで行いました。

離れているという事もあり、普段のやり取りは限られています。

今回、同じ時間を共有出来た事で私自身、相手との距離が近まったと思っています。

 

 

⑤工場へもたらす効果

勉強会を通じて正しいやり方、手順を学び、それを基に正しい指示をして頂く。これは工場において最も大切な事です。それを理解して頂く場を設けられたという事は流れをコントロールする私自身、また工場全体が得たものがあったという事になります。

 

 

改めまして、勉強会をさせて頂き、ありがとうございました。

私自身も教わったことを次に生かして行きたいと思っています。

 

 

今回のテーマが「教わる」「勉強会」いう事で、写真は子供の頃に買ってもらった文房具です。

初めて行った大阪球場で買ってもらっていましたね。

 

パ・リーグから学ぶ⑳:『父との思い出 なんば』に続く

 

 

 

私は、今年最後のブログになります。

2016年もお客様、仕入れ先様、協力会社様、受注活動をして頂きました営業のみなさま、その他サポートして頂きました本社、東京支店、名古屋営業所のみなさま、ありがとうございました。

来年も奈良工場全員でみなさまに喜んで頂けるモノづくりに励んで行きます。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

また、奈良工場のみなさま、少し早いですが、ご苦労様でした。

ありがとうございました。

 

変化に対応しながら、選んで頂ける工場を目指して行きましょう。

よろしくお願いします。

 

 

TAISEI株式会社  奈良工場

生産管理部 吉田