Monthly Archives: 4月 2016

完了報告

上司からの指示や、他者からの依頼に対し、完結したら行うのは完了報告ですね。

社会人であれば当然の行為であり、知らない人はいないくらいの当たり前の行為です。

ほとんどの人が、上記の指示や依頼に対し行っていると思います。

しかしながら意外に行われていないのが相談したあとの完了報告です。

 

指示や依頼は相手からの発信なので返さなければならない。

相談は自分から発信したことなので返さなくてもよいというような心理からなのでしょうか。

はたまた、一人称が自分、二人称が直面する問題、相談者は三人称という心理なのでしょうか。

ともあれ、こういった場合の報告率は、指示や依頼に対し大幅に下がるような気がします。

 

では、相談したことに対する結果の報告はしなくてもよいのでしょうか。

そんな訳はありませんね。

相談する相手というのは、ほとんどが自分より上席の方や経験のある方だと思います。

そういった人は多くの場合、相談者より高い見地で物を見ており、多くの事を気にしています。

相談者以上に相談されたことを深く考え気にしているのです。

 

それなのに当の本人が解決したからいいやって思っていたらやってられないですよね。

 

相談するということが、部下や後輩に許された権利なのだとしたら、結果を報告することは部下や後輩に課せられた義務ですね。

どんなことでも権利と義務は一対なのです。

権利だけの物事などはありえません。

 

かくゆう私がそれを完璧に出来ているかといえば情けないですが出来ていないでしょう。

しかしながら、報告出来ていない自分と報告を求める自分という相反するものが同居する今の立場だからこそ、この完了報告の重要性を強く思います。

 

上司は心配性なのです。

 

TAISEI株式会社

管理部 小林

 

整理

皆さん、机は綺麗にしていますか?

 

 

普段の忙しい仕事の中で書類などが溜まって

 

机の上にいくつものピラミッドが立ち並び、

 

足元には見事な石垣が築かれている。

 

 

結果としてモノを捜して右往左往、無駄に時間が過ぎてゆく・・・

 

一見すると忙しそうですが、全く生産性を伴いません。

 

 

○案件毎にファイリングして項目毎に振分けが出来ていますか?

 

○期日までに要する時間は把握出来ていますか?

 

○期日を守る為に仕込みは出来ていますか?

 

まずは1日の最後に10分ほど上記3点を整理するのは如何でしょうか?

 

意外とそこまで忙しくないかもと思えるかもしれません。

 

そしたら今よりもっと攻めた仕事が出来るはずです。

 

 

誰かに言われて慌ててやるより、1日の充実感が違います。

 

さあ、今日の仕事も攻めて行きましょう!!

 

 

 

TAISEI株式会社

東京支店営業部 治久丸

 

良きパートナー

先日、あるお客様から『パートナー』たるものを考える機会をいただきました。

具体的な内容は控えさせて頂きますが、とても内容の濃い時間で、各協力会社の可能性を

最大に引き出すための講義もあり、人とのふれあいもあったり、そこには『信頼』が存在

したと勝手に想像して、さらに頑張ろうという気持ちになりました。

 

 

パートナーとは・・・

 

・共同で仕事をする相手

・ダンス・スポーツ等、二人一組になるときの相手

・配偶者

 

調べてみるとこの3つがあがってきました。

この中の、プライベートで考えてみると配偶者になります。

もちろん欠かせない存在でいつも支えになってくれる良きパートナーです。

普段何気なく生活しているとあまり考えることもありませんが、この機会にプライベートでの

パートナーについて考えてみました。

 

 

夫婦間で考えるパートナーとは・・・

 

同じ感覚を持ち(好き嫌いのツボが同じ)、理解し合える。

そしてお互いの将来像が似ていて、一緒に磨き合える関係。

 

また、尊敬できるポイントが一つでもあれば良いかと思います。

 

お互い完璧ではないので、共に成長するために協力し合う姿勢と、感謝の気持ちを欠かさない

ようにと、私なりに心掛けています。

 

大事なのはその気持ちが相手に伝わっているか。。。ですが。

 

 

また関連することでこのようなことも大事かと思います。

 

良好な関係を築き、継続するには・・・

 

・問題を先送りにしない(今解決できることは今する)

・自分の都合で一方的にならない(したい話だけしない)

・相手の話を聞き流さない(相手の想いを最優先に考える)

・小さなことでも感謝の気持ちを伝える(×あたりまえ○ありがとう)

・自分の価値観を押し付けない(話し合う)

 

 

プライベートでのパートナーも仕事でのパートナーも通ずるところがあります。

お客様にとっての良きパートナーを目指し、日々感謝の気持ちを忘れず

良き一日を過ごしていきたいと思います。

 

 

TAISEI株式会社

名古屋営業所 横田

 

管理の技術

 

新年度、新学期と新たな気持ちで迎える時期が訪れました。私自身も入社半年が経過し、やや仕事や生活に慣れてきつつある中で、改めて振り返ってみました。
入社時より、見本帳の生産管理にも携わってきましたが、長い間離れていた仕事に再び取組み始め、生産管理の意味を今一度考えてみましたが、
以前読んだ本の中に、『製品そのものの中からメーカーの生産管理の技術ノウハウを吸収することは難しく、技術力がはっきりするところでもあります』とありました。
生産についての技術や設備、機械などは、製品を見れば学べる部分はあるのですが、管理技術自体はわかりにくくそれ故、その技術力の差そのものがメーカーの力量につながることになるのでしょうか。
もちろん技術や設備が力量の多くを占めるものではありますし、管理も技術の内と言ってしまえばそこまでですが、
そこにあるノウハウも長年の蓄積や会社の伝統である社風からくるものであり、会社毎に違う中での差ということなので、取り組み方もそれぞれ異なり単純ではないと思います。
さて、チャイナリスクが現実的になってゆき、さらにグローバル化が広がりながら、片方では国内回帰への動きも広がる流れにはある今日とは思いますが、現実には休みなく仕事は続いてゆきます。
それに押し流されないようにするだけで精いっぱいの感じはありますが、春の到来とともに新たな年度という始まりの時期を迎え、自分自身も新しく日々頑張って行きたいと思います。

 

TAISEI株式会社 奈良工場

外注管理部 小村