Monthly Archives: 7月 2015

失敗は成功のもと

先々週は今年初の海に行ってきました。

昨年は、伊豆と湘南のほうに行きましたので今回は逆方面、茨城の大洗に行ってきました。

 

さすがすごい人でした……

 

 

今回海に行くことになったのにはちょっとしたきっかけがありました。

 

 

長男が先月スイミングの進級テストに落ちてしまいすごくショックを受けていて、次回必ず受かるために練習をすると2人で決めました。

 

 

幸い僕も10年間スイミングに通っておりましたので今でも泳ぐことができますし、教えることも出来ます。

また進級テスト不合格の悔しさも僕も経験していますのでその気持ちは容易に察することができました。

 

 

ということで練習目的も兼ねて急遽海に行くことになりました。

 

 

しかしながら海に行くとほとんど波乗りで遊ぶということになってしまいましたが、まあこれも練習の一環になっていたと思います。

 

 

そして……今月の進級テストが終わりましたが、見事に合格して帰ってきました。

級だけでなく、人間としてもひとつレベルが上がったのではないかと思います。

 

 

 

「失敗は成功のもと」

この言葉で勘違いしてはいけないのは、失敗すること自体が成功に繋がるのではなく、失敗したことによりその原因を確認し修正していくことで進化し、成功に近づいていくという意味だと思います。

失敗してそのままであれば何も変化させることができません。

 

 

失敗することは問題ではなく、失敗からどうリアクションを取れるか、自らリカバリーすることができるかが大きな分かれ道のような気がします。

 

 

いまの東京営業部には非常にタイムリーな言葉かもしれません。

 

 

 

TAISEI株式会社

東京営業部   阪上

コンビニでの出来事

私は、毎朝自宅近くのコンビニで新聞を買って出勤しています。

 

その日も、いつものように愛読している新聞を買おうとしてお店を訪れたのですが見当たらず、

今日は売り切れたんだと思って諦めて他社の新聞を選んでレジに行きました。

 

すると、レジの店員さんが「今日は●●新聞ではないんですね。まだ、3部残っていたはずですよ。」と声をかけてくれ、いつも買っていた新聞を用意してくれました。

 

私なりに、この店員さんがすごいなと感じたところです。

 

(1)  覚えてくれていた

朝の出勤時間帯で人も多いのですが、毎朝私が買うものを覚えてくれていました。

 

 

(2)  残り数量を把握されていた

新聞は確かに3部残っていました。

レジの近くとはいえ、新聞がお店に届いてから売れた数量を把握されていた事になります。

 

 

(3)  お店が至らなかったという視点で考えられていた

その日はいつもと違う配置で新聞は置かれていて、私が見落としてしまったのですが、

「いつもと違う配置だったので分かりにくかったですね。すいませんでした。」と

謝られました。お客様が見つけられなかったのは自分達に原因がある。

自責として考えておられるんだと思います。

 

 

(4)  お客様にプラスになる情報をすぐさま提供されていた

新聞がお店に届く時間と部数を教えてくれ、この時間帯であれば、まだ残っている可能性が いという情報も頂きました。

 

 

(5)  次の事を考えられていた

「もし、次回来られた時に無ければ誰でも良いのでレジで聞いて下さい」と言われました。

次回の来客の事を考えられていて、そこでお客様が困らない心配りがなされています。

 

 

人の心を掴むポイントがたくさんあるように思います。

 

これからも、このコンビニで新聞を買おうと心に思ったのは言うまでもありません。

 

 

TAISEI株式会社 奈良工場

生産管理部 吉田

 

台湾社員旅行

他の方も話題に挙げられてましたが、私も社員旅行について語りたいと思います。

前回の旅行は2007年(北海道)ですので久方ぶりの社員旅行となりました。

619日(金)~21日(日)の23日、社員旅行で台湾に行かせて頂きました。

個人的にも海外旅行は新婚旅行以来となりまして、

前日夜の荷造りあたりからワクワクしている自分がいました。

社員が一堂に会すること自体、例年2回(新年会・目標設定会議)なのですが、

仕事を離れてとなりますとこのような機会しかないように思います。

 

普段、あまり会話できていないメンバーとの交流は当初から考えていましたが

出発前からこの旅でどのようなことを感じられるか?新しい発見があるだろうか?と

意識しておりました。

 

印象に残ったこと2つありました。

 

朝焼けを疾走 (2)TAISEI RUNNING CLUB飛び入り参加

 

阪上部長をはじめ有志メンバーで2日間早朝マラソン練習行われました。

以前ランニングを始めようとシューズ・ウェア(冬用)を購入しましたが

実行できず、クローゼットに眠っていました。

今回の旅でも当初参加するつもりはなかったので準備をしていませんでしたが、まず第一歩を踏み出したいと心に引っかかってはいました。

初日は早朝5時集合ということは聞いてまして、目覚ましを掛けていたわけではないのですが

何かのお告げのごとく430分に目が覚め、思い切って参加することにしました。

おそらく学生時代以来のランニングとなりまして、

まともには走れませんでした(結構歩きました)が早朝の清々しさと汗をかく気持ちよさを感じました。

現地の景色をみながら、楽しんで走ることができました。

その流れで2日目も参加~帰国のころには筋肉痛と筋の痛みでボロボロでした。

その後、休日など少しづつではありますがトレーニングの一環で続けております。

まだまだ、まともには走れませんが・・・・・

具体的な成果がでてきましたらご報告させて頂きます。

 

●プロの仕事

 

今回の旅を取りまとめて頂きました旅行会社のT様、

現地でガイドを頂きました方々にプロの仕事を感じました。

■顧客の細かい要望に臨機応変に対応。

 →少しわがままな個別要望にそつなく、細やかに対応されていました。

 

■お店との関係性を活かして顧客満足へ

 →マッサージ店へ案内頂きまいたが、待ち時間が少なくなるように交渉。

  普段からお店との信頼性が成せる技と感じました。

 

24時間体制

 →現地のガイドさんは携帯番号を伝えられ、何かあれば24時間いつでもOKといわれてました。

  冗談ぽく聞いていましたが、お客様は夜遅くまで飲みに出かけたりしますので、

  深夜まで起きていて、少し仮眠をとって早朝起きられたり、

  ツアー期間中は何かと落ち着かずそのようなことが多いようです。

 

■食事はいつ取る?

 →ずっと一緒に行動頂いてましたが、食事されているところ見かけませんでした。

  お客様が食事を始められ、落ち着いた頃(1時間後?)に裏でサッと食事されているとも聞きましたが

  業界では当たり前のことかもしれませんが、ふと気になりました。

 

お客様に楽しんでもらえるように、陰では色々な配慮を頂いていたことに感謝と感心をしました。

そのような尽力のもと、心から楽しめる旅となりました。有難うございました。

またこのような時間を共有できるような社員旅行を次回も開催頂けるよう、

日々の活動を精進したいと思います。

 

TAISEI株式会社

本社営業部 庄司

 

祝!初!

あっという間に7月になってしましましたね。

この6月は、決算時期かつ、全社会議と社員旅行という2大行事も重なり、

私にとってなかなか手厳しい月でした。

両行事とも無事に終わって、まずはほっとしています。

さて、今回のブログは私も皆さまに便乗して、社員旅行について触れたいと思います。

 

なにを隠そう私は、生まれてこのかたそのような機会に恵まれず、

社員旅行というものに行ったことがありませんでした。

というわけで今回の旅行が、私にとって初めての社員旅行となったのですが、

初めてが海外旅行とは、なかなかついていますね。

 

そんな初社員旅行ですが、一言で言って非常に暑かったです。

日頃事務所で仕事をしている私にとっては、身の危険を覚える暑さでした。

そんな私をよそに、弊社の社員は皆元気でしたね~。

夜も食べ歩いていたかと思えば、朝は早朝から走ったり、ジムにいったりと

皆様それぞれに台湾を満喫しているようでした。

私はもちろん寝ていましたが…。

 

旅行を通して感じましたことは、先に上原係長も書かれていましたが

どの場面でも在籍拠点の枠もなく、皆がTAISEI社員としてよい雰囲気であったこと。

会社としてのまとまりを感じることができてうれしく思えました。

私個人としましても、普段なかなか接する機会の少ない方々とお話しができ、

新たな発見を持ち帰ることができた有意義な3日間となりました。

このような機会をいただきました会社と、演出いただいた旅行会社の皆様、そして社員一人一人の日々の頑張りに感謝です!

 

また、来年の今頃も同じように笑えるように今期も頑張ってまいります。達成!

 

TAISEI株式会社

管理部 小林