Monthly Archives: 8月 2014

怠慢からの脱出

先日最寄り駅を降りたら急に雨が降り始め傘も持っていなかったので家まで走って帰りました。

雨の中でしたが久々に走ると何か楽しさがありました。

昔からマラソンは好きな競技でもありましたし。

しかしながら最近あまり中距離を走ることはなかったので久々に走ると息切れはするし、かなり身体が重たいようにも感じました。

振り返れば体重も入社してからの13年間で8キロ近く増量してます……

このままのペースだと恐ろしいです。

健康への配慮がここまで身近な現代でありながら、自分の日頃の怠慢を痛感しました。

もはや逆立ちだけではダメですね。

僕は昔からマラソンは早かったし、部活もやっていたので夜も家の近くをほぼ毎日走っていました。

毎日走っていると身体が軽く調子も良いです。

そんなことを振り返りながら……

現状の自身の怠慢にメスを入れるべく再び走ることに決めました。

色々な意味での改善を目指して。

さすがに毎日とは宣言出来ませんがいまは週末だけ家の近くの約1キロを5本走るようにしています。

現状はこれ以上は厳しいですが徐々に本数は増やしていきます。

とはいえまだ始めて2週目ですが……

昔からそうでしたがマラソンをする際にはただ走るのではなく常にタイムを計るようにし少しずつ縮まっていくのが楽しみでした。

今回も最初からタイムを計って走っています。

何事も数値化された方が目標も明確になり、自身で進化していくのが実感でき継続に繋がります。

未来のありたい姿がイメージ出来るか出来ないかで継続力、そして成果が変わってきます。

やるからには継続させ成果を出さないと意味がないです。

 

TAISEI株式会社

東京営業部  阪上

繁盛期から考えること

夏期休暇も終わって、これから奈良工場は繁盛期に移って行きます。

紙箱は9~11月、紙管は10~12月が該当する時期です。

前期も奈良工場全体の利益の93%はこの時期に出ており、利益目標の大半がここで決まると言っても過言ではありません。

では、この時期を過ごすにあたって大切な事はなんでしょうか。

この時期だけではなく常日頃意識しておかないといけない事ですが、私が考える大切な事です。

①    体調管理

全てはここから始まります。

オペレーターが体調を崩すと機械の稼働に直結するのは言うまでもありませんが、

補佐や管理であれば大丈夫という事でもありません。

少なからず周りに負荷がかかりますし、そこから連鎖的な事になる可能性もあります。

体調管理には気をつけましょう。

②    機械調整

機械が停まっては元も子もありません。

事前に防げる事は常日頃からケアしておきましょう。

③    作業環境の整備

多くの仕事をこなす為にも、効率良く作業が出来る環境を作っておく必要があります。

なかなか繁盛期に入っての環境作りは難しいところもあります。

5Sと連動させて各自が意識して環境を整えて行きましょう。

④    人員配置

部署内でムダな配置によりムダな業務が発生していないかは気にしておく必要があります。

繁盛期だからこそ仕事をより良くこなせる人員配置は意識しておかないといけません。

⑤    情報共有

少しでも生産に関わる業務をする為にもメールの有効活用、システムを上手く使って

必要に応じた情報を各自が得れる様にして業務の効率化を意識しましょう。

繁盛期が終わるとこの時期に得た利益をいかに減らさない様にして行くかを考えていかないといけません。

工場は1年間決まった事を同じ様に行っていればと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、同じ事をやっていても良い結果は出ないんですよね。

時期、時期で色々考えて行動に移して行く・・・

営業の様に一発大逆転の様な事が無く日々の積み重ねだからこそ、考える事が問われているんですよね。

奈良工場のみなさん、結果を残して繁盛期を乗り切りましょう。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

TAISEI株式会社

奈良工場 生産管理部 吉田

体幹を鍛える

当初、冷夏と言われていましたが今年もやはり暑い日々が続きます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

以前ブログにも書きましたが、今期の個人目標のひとつ『体力の再構築』に取り組んでいます。

目標は腹筋・腕立て・ストレッチの毎日ローテーションですが、現状は平均すると2・3日に1回のペースでしかも腹筋が中心になってしまっています。

もともと体のたるみ、特にお腹まわりの脂肪をとって過去の体型を取り戻したいとの思いからスタートしました。

若干の筋肉はつきつつもなかなか、一朝一夕というわけにはいきません。

毎日のトレーニングが実践できていないことに反省しつつも原因についても調べてみました。

やはりやり方にも問題があったようです。

●基礎代謝をあげる必要がある。

・・・基礎代謝とは、何もしなくても消費されるエネルギーのことですが、基礎代謝が上がるということは、多くのエネルギーを消費する体質になるということです。そういう身体をつくるための運動が必要。

●腹筋は表面的な筋肉で、太ももやお尻などの大きな筋肉と比べると面積が小さいため、おなかだけを鍛えても筋肉量はそれほど増えません。
おなかやせを目的とする場合でも、まず全身の筋肉量を増やして『やせ体質』をつくっておく必要があります。

わざわざ腹筋をしなくてもおなか周りの脂肪が落ちていきます。

●下半身に大きい筋肉が集まっていて、その筋肉量をアップすることで当然消費エネルギーも大きくなり、基礎代謝にも大きく影響する。

結論としてやせる筋トレにはスクワットもかなり効果的とのことでした。

半年後、1年後の変化を楽しみに取り入れていきたいと思います。

体幹・基礎代謝にあたる部分がしっかりしていれば、少々のことでは太らない・崩れにくい身体になるといいます。

仕事や会社に置き換えると理念や方針が自然のレベルで身についているかどうかということになると思います。

仕事(営業)をしていますと、良い時、悪い時、多少の浮き沈みはあります。

ただこの土台の部分がしっかりしていれば、大崩れせず戦略・戦術を見直すことによりまた上昇すると思います。

もちろん仕事上での体幹もしっかり鍛えて、取り組んでいきたいです。

 

TAISEI株式会社

本社営業部 庄司

全員参加

当社にはサポートMTと呼ばれる会議がございます。

これは、各拠点の内勤者(営業サポート、物流、総務、経理等)が集っての会議で、私も入社時よりずっと参加しております。

そんな会議ですが、思うところがありこの半年ほど中断させていただいておりました。

中断していた理由としましては、幾つかあるのですが、もっと全員が参加できる会議にしたいと思ったからというのが一番の理由です。

再開に向けて、まずは会議の目的を設定しないといけない、それも業務内容が違う者たちが、共通して追い掛ける事の出来るものにしなければならない。

とずっと考えていましたが、あるきっかけで一つの答えにたどり着きました。

あとはそこに参加者の意見をプラスして、現在の会議として今期より再開することが出来ました。

まだまだ始まったばかりでどのようになるかは分かりませんが、参加者全員で創りあげていくことができればと思います。

「良い会議にしていきましょう!」

宜しくお願い致します。

 

TAISEI株式会社

管理部 小林