Monthly Archives: 1月 2014

一流ではなく超一流

本田圭佑がセリエAデビューを果たしました。しかも2試合目で得点。

さすが持ってますね。

イチロー選手がメジャーデビュー戦の第4打席に初ヒットを打ったのを思い出します。

本田選手のビッグクラブへの移籍、まだか、まだかと首を長くして待っていましたが、ようやくその時がやってきました。

一つ一つ着実に自分が描いた階段を上っています。

そんな本田選手もここまで来るのに様々な挫折を経験しています。

ストレートにここまできている訳ではありません。

ガンバ大阪ジュニアユースに所属していましたが、そのままユースに昇格できず、星稜高校に進学したのは有名な話。

そんな本田選手が、日本を代表する選手に、そしてACミランで背番号10番を自らセレクトして付ける存在にまでなっている……

サッカーで10番はやはり特別です。

セリエAで10番を付けたのはこれで2人目です。

1人目は中田英寿。

パルマ時代につけていました。

この2人は以前に対談をしていましたが、お互いで認め合うほどかなりの共通点があります。

思い付くままに……

・ポジション(トップ下)

・攻撃的(常に前を意識)

・視野の広さ

・身体の強さ

・プラス思考

・言い訳をしない

・勝利しても課題にフォーカス(常に先をみる)

・頭がいい

・目線が高い

・自分にも他人にも厳しい

・キャプテンシーがある

・孤立

・表現力がある

・拘りが強い

・個性的

・おしゃれ

・金髪

・大胆発言

・カリスマ性

・ストイック

・努力家

などなど……

たくさん挙げられます。

ちなみに一つだけ相違点をあげるとすると、中田英寿は、自分の考えが絶対なので反対意見は一切認めない。(現役時代は特に……)

本田選手は、自己主張は強いが意見交換を好むタイプ。

この2人の共通項目、スポーツは違いますが、イチロー選手にもほとんど当てはまります。

スポーツ界に一流選手と言える人はたくさんいますが、超一流選手と思える人は僕の中で、イチロー選手と中田英寿の二人だけです。

この項目は一流ではなく、超一流(選手)になるための必須項目なのかもしれません。

スポーツの世界だけではなく全てにおいて共通する内容なので非常に参考になります。

スポーツの世界を通して学べること、そしてそれを自分流に活かせることは非常に多いです。

 

東京営業部 阪上

パークスとホークス

写真 1 大阪市浪速区にある複合商業施設  なんばパークス。

ここには、以前南海ホークスの本拠地   大阪球場がありました。

私にとって幼い頃、父親に何度も連れて来てもらった思い出の場所です。

しかし、1988年を最後に主であったホークスが福岡に移転します。

ホークスの名前を残したまま•  •  •

 

写真 2移転後、2年間は近鉄バファローズの準本拠地として使われ、長らく住宅展示場となっていました。野球場の中に、家が建っている光景が珍しく、ヨーロッパの建築雑誌の表紙を飾った事もあります。

その後、周辺地域の再開発計画によって取り壊しが決まり、1998年、さよなら大阪球場フェスタが行なわれ、2003年から、なんばパークスに生まれ変わっています。

それでも、ホームベースが当時の球場と同じ場所に描かれていたり、南海ホークスメモリアル

ギャラリーがあったり、屋外にあるベンチは、球場のスタンドをイメージして作ってあったり•  • •

26年の月日が経ち、私自身、2人の息子の父親になり、人々から大阪のホークスの記憶が薄れても•  •  •

子供達に当時の思い出を話せる場所として残ってくれています。

その時々で、変化、変革は非常に重要な事です。

変わり行く環境に適応してこそ、未来が見えて来ます。

ただ、今やっている事を疎かにして良いと言う訳ではないですし、良い事は残し、その中で新たなものと調和させて行く事で効果が生まれると思います。

また、変わり行く中でも、大切な物、気持ちを持ち続けておく事、残しておく事で、時に人は、それをエネルギーに変えられる事もあります。

最後になりましたが、皆様、2014年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

奈良工場 生産管理部 吉田

 

年末~2014新年

新年明けましておめでとうございます。

お得意先様、協力会社様、当社社員のご協力のもと

無事2013年も乗り切ることができました。

本年も引き続き宜しくお願い致します。

 

年末年始の休暇は、子供二人を連れまして

私の実家と妻の実家を訪れました。

私の実家では友人家族を招いての餅つき、

両実家での初詣でなどゆっくりと過ごさせて頂きました。

普段は私の出勤時、帰宅時とも寝ており、週末に言葉を交わすことが大半でしたが

子供二人(娘4才半と2才半)とも長い期間触れ合うことができ、特に長女の成長に驚かされました。

 

・言葉の語彙・話の内容

曜日や休日の認識ができるようになり、今年の目標は保育園を頑張ると言ってました。

また以前の話を覚えていてリンクして次の話が出来るようになりました。

・絵の上達

色使いもカラフルになり、何の絵を書いているか聞けば納得できるような仕上りになってきました。

妻は日々触れ合っていますのでそれほどでもないかも知れませんが

私には驚きの連続でした。

 

年月の流れは年々早く感じられますが、

やはり日々流されず一日一日を噛みしめて無駄なく過ごさなければならないと

感じた休暇でした。本年も皆様どうぞ宜しくお願い致します。

 

本社営業部 庄司

2014年スタート!!

明けましておめでとうございます。

年末年始のお休みは、皆様いかがでしたでしょうか。

私はといいますと私と奥さん双方の実家を渡り歩き、のんびりと心穏やかに過ごさせていただきました。

娘も1歳半になり、おじいちゃんおばあちゃんとのやりとりも増え、そのやりとりを見ると心暖かな気持ちになったものです。

両親と娘、そして私達夫婦、改めて家族のつながり、暖かさを強く感じるお正月でした。

そして、なにより驚いたのが娘の成長です。

このお正月で飛躍的に話せる事、出来る事が増えました。

女の子なのでいずれ責められる日の足音が聞こえた気がして、うれしいやら怖いやらです。

娘の成長に負けないように、年男として1年間駆け回ります!!

 

管理部 小林