Monthly Archives: 12月 2013

目標と現状

あっという間に今年も残すところ後わずかとなりました。

今年も皆様のお力添えのもと無事に過ごすことが出来ました。

本当にありがとうございました。

子供の頃は、1年を非常に長く感じていたのですが、年齢を重ねるごとにどんどん短くなっていくような印象です。

何も考えないで生きていたら定年まであっという間なんでしょうね。

そうならない為に、私は自分の人生に目標を設定しています。

毎年目標に対し、現状を比較することで自分のモチベーションをコントロールするようにしています。

よく言われている手法ですが、単純ながら非常に効果的かと思いますので皆様にもお薦めいたします。

私の目標は、まだまだ高みにあります。

来年1年も決して無駄にはできません。

しかも来年は午年で、私は年男になります。

赤兎馬のような名馬となるぞ!!と決意を新たに頑張っていきたいと思います。

とはいえ今はまだ巳年なのでこたつでとぐろを巻くのでした。

 

管理部 小林

リカバリー

リカバリー力 = 発想力 × 行動力

今回、僕のクライアント様でクレームが発生してしまい、そのリカバリーを通して算出した方程式。

クレーム発生はあってはならないことですが、毎回そこから学べることが多いのも事実です。

今回のクレームも迅速に会社として対応させて頂きましたが、特に専務と常務の対応を第三者的立場で眺めこの方程式を導きました。

リカバリーとは、ミスがあったことに対する修復をしなければならない。当然それまでの時間は過ぎてしまっており、戻ることも出来ない。そこから通常のタイムスケジュールで進行できる訳でもなく、むしろ物理的に不可能な納期対応をしないといけない状況になることもある。

クライアント様にとっては当然のことながら当初からの発売日があり、そこまでには何としてでもカタチにしないといけない。

リカバリーに許される時間がないのは当然のことです。

物理的に可能なものであればそれは会社として最優先に実行に移して対応していくのですが、今回のように物理的に不可能な状況の場合にどうするのか……

ここが会社としての真価を問われる部分かと思います。

これには少し視点を変える必要があります。

時間的に全く同じ工程が不可能な訳ですから、シンプルに何だったら出来るのか………

スピード感を持った代替案→解決策の提示が必要です。

今回の常務の対応がまさにこの部分にあたります。

当然クライアント様の優先順位がベースにあることが前提です。

営業が代替案、解決策も持たないままとにかく上司と謝罪訪問だけに顔を出すのはクレーム対応でも何でもない。それは非常にナンセンスな行動である。

実質的にリカバリー内容を明確かつ迅速に提示し解決策を見出すことが最も重要なことである。

クレームはしっかりと向き合うことで営業としての質を向上させてくれる。

 

東京営業部   阪上

是正、対策のコミュニケーション

普段の業務の中でコミュニケーションの重要性は、今さら言うまでもありません。

生産性、段取り、品質、コスト、納期・・・ コミュニケーションにより好結果につながる事がしばしあります。

ただ、それにも増して是正・対策を導き出すコミュニケーションは重要だと感じています。

私達のモノ作りは、多くの部署、人が関わり成り立っています。

何か問題があった時に、部署内、他部署としっかり是正・対策のコミュニケーションを取る事が再発防止につながります。

(仕入先様、協力会社様に対しても同様です。)

個人や自部署だけで考えて実行しても、相手の考えや意向を理解していないと効果も半減してしまいます。

また、自分達だけが取り組んでいると思い、具体的な対策を考えにくくなる事もあります。

相手にばかり望んでしまう事があったとしても、コミュニケーションを取る事で、自分にも何か出来る事はなかったかと前向きに捉える事も出来ます。

私を含めた各部門責任者の行動が重要になって来ます。

 

奈良工場 生産管理部 吉田

会社説明会

11月に社員採用活動に伴う会社説明会を大阪で開催致しました。

1回の開催につき多いときには30名ほどお集まり頂き、計5日(5回)にわたり開かれ、その全てに参加させて頂きました。

以前に当社の本社で開催された少人数の説明会には参加したことがありましたが、今回阪急梅田ビルの一室を借り、大人数の前で説明をするのは初めての経験でした。

約40分程の会社説明、その後質疑応答、面接といった流れで進行でした。

会社説明の部分は初回は多少の緊張もあり、堅苦しくアピールポイントの抜けがあったり、説明自体がお客様にするような専門的で詳細な部分に偏ったりと、反省点が多くありました。社長の評価も60点という出来でした。

とにかく分かり易く少しでも当社の良い部分・理念を理解して頂けるような説明に注力することが必要だと感じました。

反省点を踏まえ、再度プレゼンの見直しを行い2回目以降は、自分でもある程度納得できるような内容であったかと思います。

●どのような会社か

業界・業種・理念・指針・沿革・拠点・社風・取引先様・部署・他社にない強み

・お客様にどのような部分を評価頂いているか・日常の活動・未来・私個人の経験・考え

それに加え、当社オリジナル商材の説明。

以上のような内容を日常の営業活動とは異なったはじめて当社に関わる方々に分かり易く説明する。

この経験はあらためて会社のこと、また違った角度から仕事を見つめ直す良い機会となりました。

また参加頂いた方々の真剣な眼差しや姿勢に触れ、就職活動や新入社員の頃を思い返しましたし、今の自分との対比~等々

色々なことを再確認する良い経験となりました。

 

本社営業部 庄司

品質

品質保証とは源流主義と言われています。

それをさかのぼれば、一人一人の「こころ」にたどり着く。

品質は人なり、品質を運用するのは人、人の「こころ」が源流の源流。

源流となるモノや帳票など、これらは人によって運営・管理活用されている。

 

品質活動は不良が出てしまってからでは遅い、不良の出ない仕組みづくりが大切で

す。

品質体質改善は、放置しない・させない・先送りしない・させないことが原則です。

 

クレームが発生するとどうしても気持ちが落ち込むものです。

しかし、起こった事を真摯に受け止め改善し、次へ生かさなければ本当にムダになっ

てしまいます。

 

発生原因を明確にすることは必要です。

ですが仮に自部署が発生原因でなかったとしても、自部署のチェック体制は大丈夫か

などの見直しは必要と言えます。

決して他人事と考えるのではなく、全社的問題として捉えておかなければなりませ

ん。

 

品質改善活動は本質的にカッコよいものではなく、実に泥くさい活動です。

しかし、一見古くさく、泥くさい言葉や活動の中に真理も本質も存在しています。

一度失ったものを復活させるには、数倍の時間と労力が必要となります。

失う前に保持・活用し続けることが、品質活動を実りあるものにするために最も重要

なことなのです。

 

品質改善活動を行うのは「人」であり、活動の成果も継続も「人の意識」と「人の行

動」によって大きく影響を受け左右されます。

 

まずは一人一人が受け止めることが必要で、前向きに考えることが

良いモノづくりに繋がると私は思っております。

 

東京支店営業部 河合